「知の再発見」双書<br> マヤ文明 - 失われた都市を求めて

個数:

「知の再発見」双書
マヤ文明 - 失われた都市を求めて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 10時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 184p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784422210575
  • NDC分類 256
  • Cコード C0322

出版社内容情報

【解説】
18世紀以来,探検家たちはうっそうとしげる密林をさまよい歩き,膨大な量のスケッチと写真を残した。様々な謎を解く手がかりとなる図版をたどり,探検史と研究史を解説。

<“マヤ文明”関連書>
『図説 マヤ文字事典』(M・ロンゲーナ著 創元社 ISBN;4422202324)
『古代マヤ文明』(マイケル・D.コウ著 創元社 ISBN;4422202251)
『マヤ文字解読』(マイケル・D.コウ著 創元社 ISBN;442220226X)
『古代マヤ王歴代誌』(S・マーティン/N・グルーベ著 創元社 ISBN;4422215175)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

金吾

20
謎が多いマヤ文明についてコンパクトにまとめられています。写真やスケッチが豊富なためイメージアップしやすいです。パレンケ等行ったことのある場所が出てきますので懐かしさもありました。2022/01/21

しらこ

1
ロマンありすぎ

なお

0
メキシコ旅行の前に勉強のため。 写真や絵が多く教科書のようでおもしろかった。慌ただしく読んだので、改めてゆっくり読みたい。2017/06/07

rbyawa

0
とりあえずまあ、スペイン人到達時には若干の邂逅もあった模様ですがその後忘れ去られ、再発見されたのち、妙なロマンチシズムに侵され。結局まともに発展したのが30そこそこのアメリカ人青年のおかげってことに対して大変お冠な本でしたw てか、だいたいそこまでで本終わっちゃったよね。

renkon

0
本書の特徴はマヤ文明の考古学そのものではなく、マヤ文明を考古学していったその足跡を辿るというもでのである。 旧政界の人間である征服者・宣教師から始まり、画家と冒険家がマヤを発見する。徐々に暦をはじめとするマヤ文明に意義を見出していった西欧人たちは、マヤ学を発展させていった。 こういったマヤ文明そのものではなく、そこから一歩離れた視点でマヤ学を見ている。随所に写真や絵画が挿入されており、見ているだけでも中央アメリカのロマンが感じられる。2024/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/131614
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。