「知の再発見」双書<br> ゴッホ―燃え上がる色彩

個数:

「知の再発見」双書
ゴッホ―燃え上がる色彩

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 10時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 18X13cm
  • 商品コード 9784422210537
  • NDC分類 723.359
  • Cコード C0371

出版社内容情報

【解説】
伝道師として布教活動をしていた炭坑時代のスケッチや,パリに出て印象派と出会い,南仏アルルであの強烈な色彩を獲得する各時代の作品を伝記と同時に見られるように編集。

内容説明

「黄色、なんと美しい色だろう!」フィンセントはアルルの街を歩き、強烈な日差しがもたらすその色彩に酔いしれた。そして8月、ついに彼自身の分身とも言うべき生涯最高のモチーフ、ひまわりの制作にとりかかる。

目次

第1章 不安と孤独
第2章 福音伝道とデッサン
第3章 人物画と貧困
第4章 色彩を求めて
第5章 色彩の果てに
巻末資料―目撃者たちの証言(ゴッホの手紙;ゴッホをめぐる論評;ゴッホとひまわり;ボリナージュの坑夫たち;ゴッホの生きた場所)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けいご

22
ゴッホの生涯をもう一度まとめて読みたくて手に取った1冊★終盤の「目撃者たちの証言」と言うページには他の本ではお目にかかれないゴッホが亡くなった後の証言やゴッホの生きた場所の白黒写真が掲載されているので非常に興味深かかったです★ゴッホを全体としてザッと目を通したい方にはオススメ★2021/07/31

蛇の婿

14
ゴッホという画家については、この本を読むまでは実は「ひまわり」を好んでモチーフに使った画家、ぐらいにしか思ってなかったのですね。…いやはや、ここまで劇的な人生を送った方だったとは知りませんでした…2013年の夏はなんだかやたら暑く、それゆえ、ふと「ひまわり」好きの画家の本を読んでみたく思ってこの本を手に取った訳ですが、…正解でしたね。ゴッホ研究とか興味ある方は入門書としてはこの本は最適なんではないかと思われます。DVDの『ゴッホ』も観たくなりますねw2013/08/18

ni445

5
ゴッホのことをちゃんと知りたくて、絵がたくさん載ってるこれを選んでみた。パリ以降のことはなんとなく知ってたけど、その前からこんなに屈折していたとは。あれだけのものを描こうとすると、こうなってしまうのか。ゴッホの絵は好きだし、描いてほしいけど、つらすぎる。2014/10/26

yosi

5
激情家であったからこそ、彼にしか描けないような作品が生まれたのだと思った。2013/01/08

ぴの

5
ゴッホは不安だったろうな。支えた弟すごい。それぐらい信頼してもらえる人に一生かけて会えるかな?2010/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/182161
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。