『ゼクシィ』のメディア史―花嫁たちのプラットフォーム

個数:
電子版価格
¥3,850
  • 電書あり

『ゼクシィ』のメディア史―花嫁たちのプラットフォーム

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2024年05月21日 10時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422210216
  • NDC分類 367.4
  • Cコード C0036

出版社内容情報

圧倒的な情報量と存在感から抜群の知名度と影響力を誇る結婚情報誌『ゼクシィ』。
デジタル社会、雑誌不況といわれる現在においても紙の雑誌が売れ続け、「ゼクシィ=結婚」という記号を成立させるほどの社会的認知度を獲得し、コロナ禍による不況を経た後もブライダル業界から絶対的信頼を寄せられている。『ゼクシィ』は、いかにして「結婚式のバイブル」となったのか。
そして、誌上で描かれる「花嫁」のイメージはどのように変化してきたのか。

業界では常に「ひとり勝ち」といわれる『ゼクシィ』の絶対的地位を支える「ゼクシィ神話」成立の秘密と、恋愛情報雑誌としてスタートした『ゼクシィ』がブライダル情報に特化し、幾多の可能性のなかから花嫁たちをそれぞれの結婚式へと送り出す「プラットフォーム型雑誌」になるまでのメディア史を、同類他誌や地方版、海外版、ウェブサイトなどと比較しながら多角的に分析する。

内容説明

「結婚のバイブル」の誕生と発展を解き明かす。「ゼクシィ=結婚」という記号が成立するほど認知度が高く、ブライダル業界でも絶対的地位を保つ結婚情報誌は、いかにして「結婚式のバイブル」となったのか。その誌上で描かれる「花嫁」像とは…?『ゼクシィ』にまつわる数々の「神話」を通して「プラットフォーム型雑誌」の特異性を分析する、画期的メディア史研究!

目次

プロローグ 『ゼクシィ』の不思議
序章 『ゼクシィ』研究の射程
第1章 『ゼクシィ』前史―専門誌なき時代の結婚式と結婚情報
第2章 『ゼクシィ』の誕生―1990年代のマニュアル本における「新妻」の前景化
第3章 『ゼクシィ』の進化―21世紀の「結婚バイブル」と「ヒロイン」の再解釈
第4章 『九州ゼクシィ』のケーススタディー―細分化から統合へ
第5章 「大人ゼクシィ」の登場―30代という節目の構築
第6章 「ゼクシィnet」―雑誌の補助役と受け皿になるワケ
第7章 海外ゼクシィ『大衆皆喜』―中国における結婚情報誌の末路
終章 花嫁たちのプラットフォーム

著者等紹介

彭永成[ホウエイセイ]
1993年、中国湖南省生まれ、『ゼクシィ』と同い年。2015年武漢大学新聞と伝播学部卒業。湖南衛視テレビ局の実習ディレクターや地元の外国語高校の日本語教師を経て、2017年4月京都大学教育学研究科に入学、2022年3月博士号(教育学)を取得。2023年4月から桃山学院大学社会学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

引用

1
各章の考察や用語に微妙さ(日本語のエラーもあるがこれは編集者の問題であろう)もありつつ、問題設定と分析はめっぽう面白い2024/01/02

takao

1
ふむ2023/10/17

siomin

1
結婚を決めた時に手に取ることもあるだろう「ゼクシィ」。その歴史をまとめた一冊。「結婚雑誌」は「ゼクシィ」だけでないがそれらは淘汰され,「ゼクシィ」も30代向けや中国版も作ったものの休刊したり,試行錯誤もかなりあったというのもわかります。雑誌が売れない現在でも30万部発行しているのも驚くが,結婚を挙げるにあたってのプラットフォームとして確立し,ネットはその補助に留まっているというのも凄い。雑誌が生き残るヒントがここにあるのかなと思います。2023/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20837945
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。