写真で比べる中国大都市の近現代<br> 北京今昔―BEIJING THEN AND NOW

個数:
電子版価格
¥6,050
  • 電書あり
  • 動画あり

写真で比べる中国大都市の近現代
北京今昔―BEIJING THEN AND NOW

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 11時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 144p/高さ 26X29cm
  • 商品コード 9784422202761
  • NDC分類 292.211
  • Cコード C0022

出版社内容情報





『写真で比べる中国大都市の近現代』全巻のご注文はこちらから


*お支払いは各配本毎となります。

◆サンプルページ



1978年よりトウ小平主導の改革開放政策で市場経済への移行が図られ、2010年には日本を抜いて世界第2位の経済大国となった中国。その首都である北京は、今や世界政治の中心としても急速に発展しつつある一方で、明清帝国時代の都市計画や建築が今でも数多く残されている歴史都市でもある。本書は、北京の建築物や都市景観を写した主にごく初期の写真を含む19世紀後半から20世紀前半の古写真と、同じ場所で撮り下ろしたごく最近の写真を比較することで、都市の爆発的な拡大の中でも、変わるものと変わらぬものを視覚的に検証し鑑賞できる、大判写真資料である。原書は2017年出版。

内容説明

世界の首都へと発展する“東洋の古都”の昔と今。明清時代からの歴史都市を写した主に20世紀前半の古写真と、同様の構図で撮り下ろしたごく最近の写真を比較することで、その変化を視覚的に検証し鑑賞できる、迫力満点の大判写真資料。図書館必携、インテリアにも。

目次

北京内城東南角楼
北京内城東北角楼
内城の北壁
東南角楼
東南角楼上部
徳勝門箭楼の北側
徳勝門箭楼の南側
北京の中心軸
前門箭楼
前門箭楼の北側〔ほか〕

著者等紹介

ページ,ブライアン[ページ,ブライアン] [Page,Brian]
コロラド大学デンバー校地理環境科学科教授。カリフォルニア大学バークレー校にて地理学の博士号を取得。専門は、記録文書研究法、実地調査、地理空間科学による、都市空間の歴史的発展に関する研究。祖父母が1915年から1949年まで中国で暮らし、母親は中国で生まれ育つといった家族の来歴から、若くして中国に魅了された

長田綾佳[オサダアヤカ]
1987年三重県生まれ。東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業。企業勤務を経て翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。