地図で読み解く日本統治下の台湾

個数:

地図で読み解く日本統治下の台湾

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年01月25日 23時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 213p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784422202730
  • NDC分類 222.406
  • Cコード C1022

内容説明

歴史地図を掘り起こし、大日本帝国の台湾統治の実態を探る。詳細な市街図をはじめ、山岳民族の村々や行政区画、鉄道や道路・航路などのインフラ、製糖や樟脳の産業用地など、さまざまな地図を18のテーマに沿って考察。資料的価値の高い180点以上の地図・図版を収録!

目次

日本統治時代の台湾地図を探して
台湾平定篇 台湾の農村所在地と日清戦争の地図
理蕃政策篇 地図の上の先住民
行政区画篇 壮大な「大日本帝国台湾島予察地形図」
都市計画篇 イデオロギーが主導した都市計画
市街篇 西門町の「裏町人生」
海運篇 二社競争下の日台命令航路
築港篇 マングローブの干潟から南進基地の大本営へ
鉄道篇 南北縦貫線が作った台湾人
道路篇 台湾人の手で切り拓いた南北縦貫道路
水利篇―幸福なのは農民か地主か
樟脳篇 台湾の樟脳―樟脳は血の代償
砂糖篇 日本統治時代の台湾糖業地図に変化なし
民族篇 台湾の客家は人口の何%か
移民篇 日本人農業移民の大本営・花蓮
中国篇 国民党政府は日本統治下の台湾全図を出版したか
鳥瞰図篇 鳥瞰図は絵か、地図か
空襲篇 無差別爆撃に遭った台湾
戦後篇 陳儀は親日派だったか
大日本帝国地図最後の一ピース

著者等紹介

陸傳傑[リクデンケツ]
台湾の地名学や歴史地図を研究する編集者。地理雑誌『大地』編集長。著書に『稗海紀遊新注』(2002年中華民国文化部の金鼎賞(図書部門総合)受賞)、『南管賞析入門』(1995年金鼎賞(音声出版類)受賞)、1992年金鼎賞雑誌編集賞受賞、『図書台湾地名故事』(2013年読書年良書賞受賞)など

河本尚枝[カワモトナオエ]
広島大学総合科学研究科准教授。1989年、大阪外国語大学中国語学科卒業。台湾、日本での日本語教師を経て、2000年、龍谷大学経済学研究科民際学コース修了。2005年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第二次世界大戦終結以前の歴史地図は、台湾では専門家を除きほとんど顧みられていなかった。ある事件の調査をきっかけに近代の台湾の地理に興味を持った著者は、日本統治時代に作成された精密な地図に出会い、その魅力にのめりこんでいく――。

詳細な市街図をはじめ、先住の山岳民族の村々や行政区画、鉄道や道路・航路などのインフラ、精糖や樟脳などの産業用地など、さまざまな主題で描かれた貴重な地図と、資料的価値の高い多数の写真を含む180点以上の図版を収録。歴史地図を通して大日本帝国の台湾統治のありようと、現在まで続くその影響を読み解き、考察する一書。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件