躍動する青春―日本統治下台湾の学生生活

個数:

躍動する青春―日本統治下台湾の学生生活

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年02月27日 04時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 256p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784422202723
  • NDC分類 372.224
  • Cコード C1022

出版社内容情報

台湾が日本統治下だった1930~40年代の豊かな学生生活を、調査資料やインタビューと、170点以上の貴重な写真で描き出す。

内容説明

台湾を訪れると、流暢な日本語を話す老人に出会うことがある。日本統治下の台湾(1895~1945)で、彼らはどのような青春を過ごしたのだろうか。本書は、調査資料やインタビューをもとに、170点以上の貴重な写真で当時の学生たちの自由ではつらつとした日常を描く。18のテーマで学生生活をいきいきと紹介。

目次

学生たちの受験地獄
社会のエリート・高校生
大学生と読書
帝大生
学生たちの社会運動
高校生の寮生活
娯楽
実業教育と鉄道工場
飛行機ブーム
部活動
水泳の授業と海水浴場
近代教育の祭典―運動会

著者等紹介

鄭麗玲[テイレイレイ]
高雄出身。国立台湾師範大学歴史学博士。現在、台北科技大学文化事業発展学科教授。専攻は台湾史。研究テーマは日本統治時代の社会、教育。近年は歴史・文化的観点からアイディア開発・実用化に取り組み、文化事業発展学科の学生と共に地域に根ざした歴史と文化を結びつける創造的な発想で文化・クリエイティブ産業分野の商品を開発している

河本尚枝[カワモトヒサエ]
広島大学総合科学研究科准教授。1989年、大阪外国語大学中国語学科卒業。台湾、日本での日本語教師を経て2000年、龍谷大学経済学研究科民際学コース修了。2005年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件