KGB帝国―ロシア・プーチン政権の闇

個数:

KGB帝国―ロシア・プーチン政権の闇

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月23日 06時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 377p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422202631
  • NDC分類 302.38

内容説明

ペレストロイカ、クーデター、ソ連崩壊、ロシア連邦成立、民主主義、市場経済導入など、ゴルバチョフ、エリツィン、プーチンへと続く激動のロシア過去20年を振り返り、KGB組織網、諜報機関の人脈、マフィア、新興財閥など暗躍する闇組織に焦点を当てながら、同時代人143人の証言を基に、これまで決して明かされることのなかった現代ロシアの真実に迫る。

目次

第1章 ソヴィエト連邦の終焉とその真実
第2章 新興財閥のロシア
第3章 チェチェン・シンドローム
第4章 エリツィン劇からプーチン劇へ
第5章 プーチン化されたロシア
第6章 KGB―レーニンからプーチンまで
第7章 ロシアとロシアに仕える人々

著者紹介

ブラン,エレーヌ[ブラン,エレーヌ][Blanc,H´el`ene]
東洋語学院スラブ研究科博士課程修了。現在、CNRS(国立科学研究センター)の犯罪学・政治学研究員。モルドヴァ出身のロシア人研究者レナタ・レスニックと協力して、1980年代初頭より、ロシア・マフィアの研究に着手。ロシアの組織犯罪・政治学を主なテーマに研究を続けている。1991、93年のクーデターを先駆けて予測するなど、現在のロシアを熟知した気鋭の研究者として、ヨーロッパでも高く評価されている

森山隆[モリヤマタカシ]
1931年東京生まれ。小学校1年から中学2年までベルギー・スイスで過ごし終戦後帰国。大阪外国語大学スペイン語科卒業。ソニー株式会社、ユネスコ本部(パリ)に勤務、同本部人事局長を経て、1991年定年退職。フランスで、宮本政於著『お役所の掟』の仏語訳を翻訳出版、また日本人に関する随筆集(Abecedaire du Japon)をフランスのピキエー出版から刊行している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【内容紹介】
ペレストロイカ、クーデター、ソ連崩壊、ロシア連邦の成立、民主主義・市場経済導入など、激変するロシア。本書ではゴルバチョフからエリツィン、プーチンまでの過去20年間を振り返り、わかりにくい歴史の裏側で一体何が行なわれてきたのかを、KGB、マフィア、新興財閥などの暗躍する闇組織に焦点を当て、多くのロシア専門家の証言を基に、明かされることのなかった謎を一気に解明する。著者は政治学者で犯罪学の権威。

【目次】
第1章 ソヴィエト連邦の終焉とその真実
第2章 新興財閥のロシア
第3章 チェチェン・シンドローム
第4章 エリツィン劇からプーチン劇へ
第5章 プーチン化されたロシア
第6章 KGB-レーニンからプーチンまで
第7章 ロシアとロシアにつかえる人々

【著者略歴】
エレーヌ・ブラン
東洋語学院スラブ研究科博士課程修了。現在、CNRS(国立科学研究センター)の犯罪学・政治学研究員。モルドヴァ出身のロシア人研究者レナタ・レスニックと協力して、1980年代初頭より、ロシア・マフィアの研究に着手。ロシアの組織犯罪・政治学を主なテーマに研究を続けている。1991、93年のクーデターを先駆けて予測するなど、現在のロシアを熟知した気鋭の研究者として、ヨーロッパでも高く評価されている。

森山隆
1931年、東京生まれ。大阪外国語大学スペイン語科卒業。ソニー株式会社、ユネスコ本部(パリ)に勤務、同本部人事局長を経て、1991年定年退職。フランスで、宮本政於著『お役所の掟』の仏語訳を翻訳出版、また日本人に関する随筆集(Abecedaire du Japon)をフランスのピキエー出版から刊行している。日本では『蟻』(小中陽太郎氏との共訳、ベルナール・ウェルベル著、角川書店)などがある。