山片蟠桃と大阪の洋学

個数:
  • ポイントキャンペーン

山片蟠桃と大阪の洋学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 10時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422201467
  • NDC分類 402.105

内容説明

「独創」にこそ価値があるとすれば、山片蟠桃ら大阪の町人学者たちは時代をはるかに抜きん出ていた。鎖国下にあって営々として積み上げられた西洋文明吸収の努力と日本人の高い知性が、維新以後の急激な西洋化を可能にした。

目次

1 オランダと日本
2 大阪の洋学
3 大阪の町人学者・山片蟠桃
4 岩橋善兵衛と望遠鏡―江戸時代の望遠鏡製作をめぐって
5 緒方洪庵と幕末の大阪洋学
補論 山片重芳の蘭癖収集品

著者紹介

有坂隆道[アリサカタカミチ]
1921年、東京生まれ。京都大学文学部史学科(国史専攻)卒業、関西大学文学部教授を経て、関西大学名誉教授。文学博士。2004年6月逝去。山片蟠桃や麻田流天文学の研究を軸とした日本洋学史研究の先覚で、洋学史の基礎的分野の充実に尽力した。一方では科学史的観点から古代史研究に清新な研究成果を提唱したことでも有名。大阪歴史学会の活動を定着させた創設者の一人であり、『西宮市史』など多くの市史を手がけ戦後の新しい地方史研究の方向を開拓した研究者としても知られる

出版社内容情報

鎖国下において活躍した町人学者たちの情熱を活写!
<内容紹介>
鎖国下にあっても、日本の知識人たちはオランダをはじめとする「洋学」を営々として学びつづけ、それが維新以降の近代化の素地となった。大阪における天文学の麻田剛立・間重富、独創性において時代を抜きん出た山片蟠桃、望遠鏡製作の第一人者岩橋善兵衛、適塾で逸材を輩出した緒方洪庵など町人学者の活躍を、斯界の第一人者が平易に語り論じた6編(写真35枚)を収録。知的刺激に満ちた一書。

<著者紹介>
有坂隆道(ありさか・たかみち)
1921年、東京生まれ。京都大学文学部史学科(国史専攻)卒業、関西大学文学部教授を経て、関西大学名誉教授。文学博士。2004年6月逝去。
 山片蟠桃や麻田流天文学の研究を軸とした日本洋学史研究の先覚者。また科学史的観点から古代史研究に清新な学説を提唱した。大阪歴史学会の活動を定着させた創設者の一人であり、『西宮市史』など多くの市史を手がけ、戦後の新しい地方史研究の方向を開拓した研究者としても知られる。
 主な校注、編・著書に、日本思想体系43『富永仲基・山片蟠桃』(岩波書店)、『日本洋学史の研究』1~10(創元社)、『論集 日本の洋学』1~5(清文堂出版)、『山片蟠桃と升屋』(創元社)、『古代史を解く鍵』(毎日新聞社)など。共著に『高松塚論批判』(創元社)、『地方史の研究と編集』(ミネルヴァ書房)、『大坂町鑑集成』(清文堂出版)など多数。