• ポイントキャンペーン

利休 茶室の謎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422201399
  • NDC分類 791.2

内容説明

京都郊外に建つ利休の国宝茶室「待庵」―。NHKのディレクターである著者は、韓国で「待庵」とそっくりの民家を発見する。利休の美に朝鮮文化の影響を探る。衝撃の歴史読み物。

目次

第1章 韓国で「待庵」に出会う(利休の「待庵」とは何か;わたしと「茶の湯」の複雑な関係;韓国「牙山郡待庵」;とり憑かれた日々;「高麗カコイ」の謎に迫る)
第2章 テレビ番組にする(金先生、来日す;韓国へ予備調査;利休「待庵」を復元する;茶碗 ほか)
第3章 利休を深める(二つの番組;建築意匠への影響;儒教の香り;虜囚の人々―秀吉・文禄慶長の役)

出版社内容情報

【解説】
 NHKディレクターの著者が、利休の茶室待庵(国宝)とそっくりの民家を韓国で見つける。利休と朝鮮の関係は?
 文献に出る「高麗囲い」は「こうらいがこい」ではなく「こまがこい」と発音し、それが「小間」に変わったのではないか。
  韓国では国花とされるむくげが茶道でよく使われること。陶芸における朝鮮の影響。それらをまとめてテレビ放映するまでの過程を興味深く描いた遺稿。河合隼雄、久田宗也、脇田修各氏追悼文収録。