なおも未熟な日本人―成熟社会への道筋

個数:

なおも未熟な日本人―成熟社会への道筋

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422143705
  • NDC分類 361.42
  • Cコード C0016

内容説明

戦後60年を牧師として過ごした著者が心理、社会性、倫理、信仰の四つの面から日本人のパーソナリティの未熟性を考察する。

目次

甘えと可愛いがりの愛の未熟性
喜ぶ者と共に喜べない未熟性
嫉妬―愛の未熟性
異質なものへの嫌悪
坊主憎けりゃ―一点次点、全面否定
問題解決の仕方の未熟性
原則倫理か情況倫理か―善悪の判断の未熟性
運命より契約へ―近代市民社会のモラル
その他の未熟性
大人になりたくない
聖書における「成長」
パーソナリティ論、未熟と成熟、成熟社会について

著者等紹介

岩村信二[イワムラシンジ]
1920年東京生まれ。東京帝国大学文学部西洋哲学科卒。応召。大森めぐみ教会伝道師、米国アンドウバー・ニュートン神学校、ハートフッド神学校卒、神学修士。帰国後、日本基督教団大森めぐみ教会一つに五十四年間牧師、園長。青山学院大学、立教大学、日本社会事業大学、東京神学大学で非常勤講師。日本基督教団教育委員長、世界宣教協力委員長、NOC家庭生活委員長を勤め、全国を講演旅行、世界諸国で会議出席と宣教師問安を行う。アジアキリスト教幼児保育者協議会を創設、四年ごとに大会を開く。世界教会会議(WCC)男女協力委員、国際宗教教育セミナー会員として研究発表。著書、論文、雑誌、ジャーナル多数。テレビ、ラジオ出演。1999年キリスト教文化功労賞受賞。2000年、80歳で教会引退、名誉牧師、名誉園長になる。現在、読売―日本テレビ文化センター講師、社会福祉法人牧人会理事、日本聾話学校理事長、財団法人日本キリスト教教育センター理事長、基督教保育連盟アジア協議会委員。2006年10月、東京都功労者賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。