子どもの本のカレンダー (増補改訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422120607
  • NDC分類 028.09
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「自分の誕生日が出てくるお話の本が読みたい」九州のとある公共図書館への子どものリクエストに応えて、1年間366日毎日の日付の入った子どもの本を紹介する。「○○ちゃんのお誕生日の本はどれかな?」「次はお父さんのお誕生日の本を読んでみようか」会話が広がり、自然と本好きになる楽しい本。本書は、1996年にゆまに書房で刊行されたもののリニューアル版。紹介する本を、現在書店や図書館で入手可能な本に改めた。

内容説明

今日は、どんな本の日?日付の出てくる子どもの本を、366冊集めました。

著者等紹介

鳥越信[トリゴエシン]
1929年兵庫県神戸市生まれ。新制早稲田大学第一文学部国文科卒業。岩波書店に勤務、石井桃子氏らと海外児童文学の紹介に努める。1960年~1983年まで、早稲田大学非常勤講師、専任講師、助教授、教授を歴任。1979年、「鳥越コレクション」とよばれた児童文学関係資料12万点余を大阪府に寄贈。これを基本財産として大阪国際児童文学館が1984年5月に開設された。1993年第4回国際グリム賞受賞。現在、中京女子大学子ども文化研究所客員教授、中国浙江師範大学名誉教授、大阪国際児童文学館理事

生駒幸子[イコマサチコ]
1971年広島県福山市生まれ。関西学院大学文学部日本文学科卒業、聖和大学大学院博士前期課程・後期課程在学中に鳥越信に師事。現在、武庫川女子大学ほか非常勤講師、白百合女子大学児童文化研究センター研究員として、日本の戦中・戦後絵本の歴史を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

波多野七月

14
もし、自分の生まれた日が登場する物語があったなら。どんなお話なのか、読んでみたいと思いませんか。「自分の生まれた日が出てくるお話が読みたい」そんな、子供の願いで生まれたのがこの1冊です。1日1冊、365冊。うるう年も入れたなら366冊。すべての、「誰かの生まれた日」の物語がここにあります。思わず、自分の誕生日のページを開いてしまいました。家族や友達、大切な誰かの生まれた日が「どんな本なのか」とぱらぱらめくるだけでも楽しいと思います。365日、誰かの生まれた日。本への扉になるような1冊です。2015/06/01

ryou

1
1年366日のどの日にもお話があるってなんだかすごいことだなぁと思いながら読みました。誕生日や記念日が、あのお話でこんなことがあった日って思うとワクワクします。2011/06/20

mico

0
まっさきに自分の誕生日のページを見てしまいました。365日分全ての本が紹介されていてすごいとしか言い様がありません!自分の誕生日が舞台になったお話があるって、それだけで嬉しいよなぁ。2015/05/05

KAIRO

0
『鋼の錬金術師』のエルリック兄弟旅立ちの日が分かった!2013/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/626757

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。