100のワークで学ぶカウンセリングの見立てと方針

個数:
  • ポイントキャンペーン

100のワークで学ぶカウンセリングの見立てと方針

  • 竹内 健児【著】
  • 価格 ¥2,970(本体¥2,700)
  • 創元社(2021/08発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 54pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月21日 14時30分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422117669
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

出版社内容情報

カウンセリング初心者にとって、見立てと方針を立てることは簡単ではない。本書はそんな読者のため、カウンセリングにおける「見立て」と「方針」に関わる部分に特化したワークを100個掲載。実際に自分で考えながら、そのポイントを身につけることができる。
カウンセラーは、クライエントから届く圧倒的な情報量を前に自分が何をしているのか、自分でつかめるようになるまでに多くの月日をかけて地道に努力することが求められる。本書はそのよき案内書として、一人ではもちろん、大学院の授業や心理カウンセラーの研修会など、集団でも活用できる。

【本書の特長】
①「情報を収集し、それをもとに見立てと方針を立て、経過の中でそれを修正しつつ、終了時に自ら評価する」までの過程を12のステップに分け、一連の作業工程として示した。
②ワークは全部で100個。書き込み式のものもあり、それぞれに解説や解答例、解答のヒントを掲載。
③解説には前著2冊の関連箇所を多く盛り込み、学習が広がりやすいように工夫。
④視覚的に学べるように、多くの図表を掲載。
⑤第7章、第8章では事例報告書、連携文書を書く際の留意点を示し、8章では紹介状およびその返書の具体例を載せ、実務作業にも対応。

内容説明

「情報を収集し、それをもとに見立てと方針を立て、経過の中でそれを修正しつつ、終了時に自ら評価する」までの過程を12のステップに分けて解説。ワークは全部で100個。書き込み式のものもあり、それぞれに解説や解答例、考え方のヒントを掲載。視覚的に学べるように、多くの図表を掲載。第7章、第8章では事例報告書や返書の具体例を載せ、実務にも対応。

目次

序章 査定・見立て・方針
第1章 事例のタイトルとあらすじ
第2章 現象を記述する
第3章 見立てる
第4章 方針を立てる
第5章 変化を査定する
第6章 事例検討
第7章 事例報告書の書き方
第8章 連携文書の書き方

著者等紹介

竹内健児[タケウチケンジ]
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程学修認定退学。トゥレーヌ甲南学園カウンセラー(在仏)、奈良産業大学、京都光華女子大学、徳島大学准教授を経て、立命館大学大学院人間科学研究科教授。臨床心理士、公認心理師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。