創元アーカイブス<br> 内観療法入門―日本的自己探求の世界

個数:
電子版価格 ¥3,850
  • 電書あり

創元アーカイブス
内観療法入門―日本的自己探求の世界

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月17日 00時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422117034
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C1011

出版社内容情報

【自分自身を知るための内観療法入門書、待望の復刊】

内観療法とは、過去から現在に至るまでの対人関係のなかで、「してもらったこと」「して返したこと」「迷惑かけたこと」を振り返り徹底的に自己を見つめ直すことで、自分本来の生き方をつかむ精神療法。吉本伊信が、浄土真宗の一派に伝わる「身調べ」という求道法から宗教的色彩を除き、誰にでもでき得る形に発展させたものである。
臨床心理学を講じていた著者は、大学院生当時に出会ったこの内観療法に注目。一研究者として、内観者(内観療法を受ける人々)にテストを実施する等の実践的な研究を行い、自身も内観体験者・指導者としての経験を重ね、少年刑務所での指導や相談も行うようになる。

本書では著者の実体験に加え、内観者の声や実際の記録を引用し、詳細な事例を豊富に掲載。内観者自身が語り綴る言葉の数々は胸を打つものがあるが、その一方で、内観療法を受けた後の心理的変化の測定結果や内観療法をめぐる諸問題も提示し、客観的な見方も示されている。なぜ日本人がこの療法を受け入れやすいのかの興味深い考察もなされており、内観療法を多角的に理解するのにふさわしい入門書である。

情報過剰の現代において、外界からの情報を一つでも多く得ようとあくせくする前に、自己の内界からの情報に耳を傾け、それによって自己の精神の修養を図り、安定と豊かさを求めねばならないのではなかろうか。(本文より)

【主な目次】
序 文 内観研修所長 吉本伊信
◆第一章 私の内観入門
一 一巻のテープ 二 入門失敗 三 研究の開始
◆第二章 内観の構造
一 場面 二 内観者 三 指導者 四 テーマと内観的思考様式 五 面接
◆第三章 内観の過程
一 導入 二 場面探索 三 内観模索 四 内観進展 五 抵抗とその解消 六 洞察 七 弛緩と緊張 八 終結〔内観終了時の面接〕離婚訴訟中の夫婦の事例
◆第四章 内観による心理的変化の測定
一 P-Fスタディによる測定 二 自己評価・他者評価テストによる測定 三 TATによる測定
◆第五章 自己嫌悪の女性の事例
一 内観法の医学界への導入 二 自己嫌悪の女性の内観体験記 三 考察
◆第六章 少年院生の事例
一 内観法の矯正界への導入 二 少年院生の内観 三 考察
◆第七章 理想的内観者との訪問面接
一 訪問面接 二 心理テストの結果
◆第八章 吉本伊信氏との対談
自己探究への苦闘 内観法を広める 悩みの原因 自己を知ることの意味 内観は我慢くらべではない 内観法は「汝自身を知る」方法
◆第九章 内観法をめぐる諸問題
一 内観法における罪について 二 内観法における愛について 三 日常内観について
◆第十章 日本文化と内観法
一 母性の重視 二 自己否定の傾向 三 精神修養の伝統
あとがき
参考文献
内観希望者のために

内容説明

日本人の心性に根ざした内観療法入門書、新装復刊。してもらったこと、して返したこと、迷惑かけたことの3つを内省することで自己発見へと導く内観療法。体験者の声や心理的変化を詳細に綴るほか、日本文化との関連性を考察。多角的な理解を深める手引き。

目次

第1章 私の内観入門
第2章 内観の構造
第3章 内観の過程
第4章 内観による心理的変化の測定
第5章 自己嫌悪の女性の事例
第6章 少年院生の事例
第7章 理想的内観者との訪問面接
第8章 吉本伊信氏との対談―内観法の成立と展開
第9章 内観法をめぐる諸問題
第10章 日本文化と内観法

著者等紹介

三木善彦[ミキヨシヒコ]
1941年京都市生まれ。大阪大学文学部卒業(心理学専攻)、大阪大学大学院博士課程修了。1983年、妻・潤子と共に奈良内観研修所を開設。神戸松蔭女子学院大学、帝塚山大学を経て、大阪大学名誉教授、帝塚山大学名誉教授。日本内観学会副会長、大阪刑務所および奈良少年刑務所篤志面接委員を歴任。2012年藍綬褒章受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

praәcox

0
冒頭の入門失敗エピソード→ラストの集中内観でのヌミノーゼ的体験への到達の流れが、なかなかにストーリー性高い。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13716378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。