集団精神療法の実践事例30―グループ臨床の多様な展開

個数:

集団精神療法の実践事例30―グループ臨床の多様な展開

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月20日 21時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422116624
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3011

内容説明

若手の挑戦、ベテランの知恵。集団のこころの動きを活用した治療。長年の蓄積から集まった、現場のニーズに合わせたグループの実例。

目次

第1章 総説
第2章 研修の展開
第3章 福祉領域での展開
第4章 教育領域での展開
第5章 精神科医療での展開
第6章 さまざまな医療現場での展開
第7章 コミュニティ支援の展開

著者等紹介

藤信子[フジノブコ]
立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。臨床心理士。一般社団法人日本集団精神療法学会監事、グループサイコセラピスト・認定スーパーバイザー

西村馨[ニシムラカオル]
国際基督教大学教養学部上級准教授。臨床心理士。一般社団法人日本集団精神療法学会理事、編集委員長、国際委員長、グループサイコセラピスト・認定スーパーバイザー

樋掛忠彦[ヒカケタダヒコ]
長野県立こころの医療センター駒ヶ根医師。精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医。一般社団法人日本集団精神療法学会理事、倫理委員長、グループサイコセラピスト・認定スーパーバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

研修・福祉・教育・医療領域での集団精神療法の実践事例を30取り上げ、多様な展開の中から今後のグループの未来を探ろうとする。グループは、医療現場のみならず、地域保健、福祉、矯正、教育など多方面で活用されているが、その中核を担う集団精神療法となると、まだまだその実践事例は少ないのが現状である。本書は、研修・福祉・教育・医療領域での、ユニークな30の実践事例を詳細に取り上げることで、その多様な展開と自由で柔軟な臨床のあり方の中から、今後のグループの未来を探ろうとする。まさに、日本の集団精神療法の最前線を提示する。グループ臨床に関心のある方や、集団精神療法を実践してみたいと思っている人たちにとっては最良のガイドブック。

目次

第1章 総説
 集団精神療法の歴史と広がり 武井麻子
 集団精神療法の基本事項と実践の概要 田辺 等

第2章 研修の展開
 月例グループはなぜ続くのか 藤 信子・田原明夫
 トレーニンググループ ?林健示
 精神科認定看護師資格取得のためのグループに関する研修 寳田 穂・夛喜田恵子
 地域の中でグループを始める 樋掛忠彦

第3章 福祉領域での展開
 作業所でのミーティング 橋本史人
 児童養護施設における集団精神療法の実践 塩谷隼平
 児童養護施設におけるプレイグループアプローチ 徳山美知代

第4章 教育領域での展開
 小学校でのスクールカウンセリングに生かす集団精神療法的な視点と方法―学校としての教育相談力が高まる土壌― 梶本浩史
 小学生・中学生のグループ 西村 馨
 大学保健センターでのグループ コミュニケーショングループ―学生生活に困難を持つ学生の支援― 関 百合

第5章 精神科医療での展開
 入院患者のコミュニティミーティング 岩?壮登
 精神科デイケアにおける集団精神療法の実践 ?橋 馨
 スモールグループ―グループは自分を見つける場所― 神宮京子・野村静香
 10年を経て継続している青年期ひきこもりのグループ事例 落合尚美
 アルコール依存症者の入院小グループ 大越拓郎

第6章 さまざまな医療現場での展開
 総合病院におけるがん患者のサポートグループ 松向寺真彩子
 緩和ケア病棟におけるグループアプローチの可能性 岡島美朗
 子どもへの集団精神療法 渡部京太

第7章 コミュニティ支援の展開
 大学心理相談室での一般市民向け「オープンハウス」 西村 馨・高田 毅・栗田七重
 災害と支援者支援―相互支援グループ― 藤澤美穂
 心理療法コミュニティ・ビルディング 橋本和典・高田 毅
 産業精神保健の実践は、フィールドワークである 白波瀬丈一郎
 大学における教員のサポートシステムとしてのグループ 武井麻子

おわりに 藤 信子

索引

日本集団精神療法学会編集委員会[ニホンシュウダンセイシンリョウホウガッカイヘンシュウイインカイ]

藤 信子[フジ ノブコ]
藤 信子(ふじ のぶこ)
立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。臨床心理士。
一般社団法人日本集団精神療法学会監事、グループサイコセラピスト・認定スーパーバイザー。
著書に『Rehab-精神科リハビリテーション行動評価尺度』(共訳、三輪書店)、『対人援助の心理学』(分担執筆、朝倉書店)、『対人援助学の到達点』(分担執筆、晃洋書房)、『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』(共訳、創元社)他。

西村 馨[ニシムラ カオル]
西村 馨(にしむら かおる)
国際基督教大学教養学部上級准教授。臨床心理士。
一般社団法人日本集団精神療法学会理事、編集委員長、国際委員長、グループサイコセラピスト・認定スーパーバイザー。
著書に『集団精神療法の基礎用語』(共編、金剛出版)、『現代心理療法入門』(分担執筆、PAS心理教育研究所出版部)、『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』(共訳、創元社)他。

樋掛 忠彦[ヒカケ タダヒコ]
樋掛 忠彦(ひかけ ただひこ)
長野県立こころの医療センター駒ヶ根医師。精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医。
一般社団法人日本集団精神療法学会理事、倫理委員長、グループサイコセラピスト・認定スーパーバイザー。
著書に『集団精神療法の基礎用語』(共著、金剛出版)。