いのちと病い―“臨床哲学”に寄せて

個数:
  • ポイントキャンペーン

いのちと病い―“臨床哲学”に寄せて

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422115580
  • NDC分類 493.71
  • Cコード C3011

内容説明

病むことを生きるアクチュアリティ。水平の「あいだ」―生命体と環境(主体と世界)の出会い。垂直の「あいだ」―生命体が「生命の根拠」に根ざす関係。

目次

あいだと生死の問題
生命論的差異について―イントラ・フェストゥム論に向けて
コタール症候群の一症例について
木村敏の思考の西欧での受容について
生命と正常性―カンギレム、ミンコフスキー、木村
自己と他者の異同とその精神病理―死をめぐる民俗学との対話の試み
木村敏の思索の軌跡―あとがきに代えて

著者紹介

野間俊一[ノマシュンイチ]
1965年香川県生まれ。京都大学医学部卒業、医学博士。ヴュルツブルク大学精神療法・医学的心理学研究所を経て、京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座精神医学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人の病いの原因は遺伝子・脳であったりするが、「病苦」の探究には人間そのものが関わる。木村敏と論客たちの珠玉の論集。

心の病いの「原因」は脳にあっても、それを病みつつ必死に生きる病者の「苦悩」は、人の生き様に触れた思索でしか扱えない。その思索を《臨床哲学》と呼ぶ。木村敏氏は、人間の客観視によって標準化・至便化を目指してきた世界観に異をとなえ、〈生〉の探究に「主観」を導入した。そしていま〈死〉の探究に「あいだ」を導入することにより、またひとつ大きなピークを築く。その金字塔を記念して錚々たる論客が寄せた珠玉の論集。

はじめに

あいだと生死の問題 木村 敏

生命論的差異について――イントラ・フェステゥム論に向けて   檜垣立哉
コタール症候群の一症例について   保科正章
木村敏の思考の西欧デの受容について   ジョエル・ブーデルリック
生命と正常性――カンギレム、ミンコフスキー、木村   深尾憲二朗
自己と他者の異同とその精神病理――死をめぐる民俗学との対話の試み                                     岡 一太郎

木村敏の思索の軌跡――あとがきに代えて   野間俊一