ヴィジュアル精神分析ガイダンス―図解による基本エッセンス

個数:
  • ポイントキャンペーン

ヴィジュアル精神分析ガイダンス―図解による基本エッセンス

  • 長尾 博【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 創元社(2013/03発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 36pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 156p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422115337
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C3011

出版社内容情報

これだけおさえておけばOK! 精神分析の一番の基本をヴィジュアルに解説した「誰にでもわかる」、とにかくやさしい入門書。

とかく「難解で近寄り難い」と敬遠されがちな精神分析。その抽象的な概念や理論、そして諸派の考え方を、図や表でヴィジュアルに表現。誰でもわかるよう説明する、「易しさ」を突き詰めた超入門書。また、その理解を実践に活かすため、後半は、Q&Aで懇切丁寧に導く。――精神分析に関心はあるけれど、これまでいくつかの入門書で挫折した人、ずいぶん昔に基本を習ったけれどおさらいしたい人に、恰好の「頭の整理」ガイダンス!

第1部 図解でまなぶ理論

Chapter1 精神分析のはじまり
1 フロイトという生きかた
2 フロイトが残してくれたもの

Chapter2 精神分析とは?
1 精神分析療法のねらい
2 どのように始めるか
3 どのように進めてゆくか
4 むずかしいプロセス

Chapter3 精神分析の考えかた
1 力動?構造論
2 力動?経済論
3 不安?防衛論
4 生成?分析論
5 発生?発達論
6 自己愛論
7 まとめ

Chapter4 精神分析の展開
おおきな流れ
1 対人関係論学派
2 対象関係論学派
3 中間学派
4 自我心理学派
5 自己心理学派
6 間主観性論学派

第2部 Q&Aで考える実践

Q1 治療構造は必要か
Q2 心の治療か環境調整か
Q3 隠れ身か破れ身か
Q4 個人心理療法か集団心理療法か
Q5 長期療法か短期療法か
Q6 欲求を満たしてあげるか直視させるか
Q7 ことば、イメージ、夢、行動をどのようにとらえるか

第3部 エビデンスからさぐる心の深層

Chapter1 無意識と科学性について
1 臨床心理学における科学
2 精神分析における実証的研究
3 無意識について

Chapter2 現代青年の心の深層

テーマ?@ 現代青年は青年期の危機に直面しているのか
テーマ?A 新しい自我強度尺度作成の試み
テーマ?B フロイトの幼児期決定論は正しいのか
テーマ?C ピア・カウンセリングで転移/逆転移は生じるか
テーマ?D 前思春期のChumの有無は青年期を決定づけるのか
テーマ?E エディプス/エレクトラコンプレックスは潜在しているか
テーマ?F ロールシャッハカードからみた父親イメージと母親イメージ
テーマ?G ヒステリー特性をもつ青年女子の夢内容
テーマ?H 第3部の結果からとらえた現代青年の心

用語解説
参考文献

コラム一覧
コラム?@ 母性とは何か
コラム?A アンナ・Oのケース
コラム?B 古澤平作
コラム?C フロイトとユングの違い
コラム?D 小此木啓吾
コラム?E ジェンダー論の先駆者ホルネイ
コラム?F 土居健郎
コラム?G 現代の対人関係の問題:山あらしジレンマ

内容説明

80の図表で理解できる精神分析を初めから学べる。理論の展開と技法の実際を図解。

目次

第1部 図解でまなぶ理論(精神分析のはじまり;精神分析とは?;精神分析の考えかた ほか)
第2部 Q&Aで考える実践(治療構造は必要か;心の治療か環境調整か;隠れ身か破れ身か ほか)
第3部 エビデンスからさぐる心の深層(無意識と科学性について;現代青年の心の深層)

著者等紹介

長尾博[ナガオヒロシ]
1976年、九州大学教育学部卒業。1978年、九州大学大学院教育学研究科修士課程修了。1981年、九州大学大学院教育学研究科博士課程単位満了中退。九州大学教育学部助手を経て、活水女子大学文学部教授。専攻は、臨床心理学、青年心理学、精神医学(医学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コージー

19
★☆☆☆☆精神分析療法、精神分析的心理療法など、「精神分析」について解説したエッセンス本。精神分析のガイダンスという役割があるかもしれませんが、解説が淡々としており、ビギナーにとっては、内容把握がちょっと厳しい。図解がおおくヴィジュアルにこだわっているところは、わかりやすいのかもしれない。2019/09/16

Umegaki Sayako

0
精神難しい!2016/12/10

旅ねこ

0
解りやすい入門書。 とっかかりには良いのかもしれません。 もう少し深く知りたくなります。2015/04/14

みなみ

0
わかりやすい!前田図説の現代版!?ただ、少し深く内容を知りたい場合は物足りないですね。

石山零治

0
精神分析の理論を、実際の用いられ方・治療の流れなどから、丁寧に教えてくれる。 また、 フロイト以降の弟子が拡張していった様々な学派。 その特徴と、立場を解説してくれている。 後半には、現職のカウンセラーからのQされているほか、されているほか、「青年期に精神分析は有効か」というテーマで論文が載せてあるので、精神分析をこれから学んでいこうと思う人・興味ある人にぴったりな一冊。2021/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6396742

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。