心理学者に学ぶ 気持ちを伝え合う技術

個数:

心理学者に学ぶ 気持ちを伝え合う技術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年09月30日 17時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422114446
  • NDC分類 361.45

内容説明

人はコミュニケーションの世界を生きる動物であり、人間関係の基本は気持ちを伝え合うこと。気持ちが通じないと、ちょっとした言葉や態度によって、逆ギレされたり、落ち込まれたりします。この危うい関係を安定したものにするためにはどうすればよいか―。本書は、そもそも自己中心的な私たちが、お互いにいい間柄をつくるための心構えや技法について述べています。

目次

第1章 人は人とどうかかわっていくか(人はコミュニケーションの世界に生きる動物;人は自己中心的だから人間関係が大事だ;日本では言外の意味が重要な意味をもつ ほか)
第2章 間柄をよくするコミュニケーション(相手あっての自分だから互いの関係を大事にする;相手との関係によって自分の出方を調整していく;相手や場によって自分の出し方は違っていい ほか)
第3章 説得力と傾聴力で気持ちを伝える(説得するためには単純明快な流れにする;人生経験が違えば思考回路も違うことに留意;相手の理解の枠組みをつかむ ほか)

著者紹介

榎本博明[エノモトヒロアキ]
1955年生まれ。東京大学教育心理学科卒業。東芝市場調査課勤務ののち、東京都立大学大学院で性格心理学、臨床心理学を専攻。大阪大学人間科学研究科助教授などを経て、名城大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人はコミュニケーションの世界を生きる動物であり、人間関係の基本は気持ちを伝え合うこと。気持ちが通じないと、ちょっとした言葉や態度によって、逆ギレされたり、落ち込まれたりする。この危うい関係を安定したものにするためにどうするか――。本書は、そもそも自己中心的な私たちは、それぞれが別個の存在であることをしっかり認識し、お互いにいい間柄をつくるために様々な工夫をしなければならないと主張する。