思春期心理臨床のチェックポイント―カウンセラーの「対話」を通して

電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

思春期心理臨床のチェックポイント―カウンセラーの「対話」を通して

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422113357
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C1011

内容説明

初心者の誰もがおちいる難問に的確に答える。『ここで困った!』『ここで迷った!』『こんなとき、どう考えたらいいのだろう?』という普遍性のありそうなポイントを満載。

目次

第1章 由羽との旅―スクールカウンセリングの現場から
第2章 繭の『眠い』が『友達がほしい』になるまで―精神・神経科クリニックの現場から
第3章 琴子13歳―大学の心理相談室での出会い
第4章 岬の町の少女たち
終章 思春期心理臨床という仕事と私

著者等紹介

菅佐和子[スガサワコ]
1949年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。愛知医科大学精神科、愛知女子短期大学勤務を経て、京都大学医学部保健学科教授。臨床心理士、教育学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【内容紹介】
16年前、小社より『思春期女性の心理療法』を刊行して好評を博した編著者が、今回はその後の臨床体験を踏まえ、若い女性心理臨床家(20~30代)4人の提出する思春期のケースの中から、「ここが困った」「ここで迷った」「こんな時、どうしたらいいのか」という普遍性のあるポイントを取り出して、柔軟で的確なコメントを付した。学校現場、クリニック、大学の心理相談室と、臨床の場も多様。

【詳細目次】
第1章 由羽との旅-スクールカウンセリングの現場から-藤城珠子
第2章 繭の『眠い』が『友達がほしい』になるまで-精神・神経科クリニックの現場から-海藤有希
第3章 琴子13歳-大学の心理相談室での出会い-橘伸子
第4章 岬の町の少女たち