カーネギーおじさんに教わるシリーズ<br> こども『道は開ける』―なやみのなくし方

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

カーネギーおじさんに教わるシリーズ
こども『道は開ける』―なやみのなくし方

  • ウェブストアに228冊在庫がございます。(2020年02月20日 13時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 80p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422101279
  • NDC分類 K159
  • Cコード C8311

内容説明

悩みへの対処法を説いた古典的名著『道は開ける』を子ども向けに読み解く!!楽しく学校生活がすごせる!

目次

第1章 なやんだら、どうやって解決するの?(いつかパパやママが死んじゃったら、どうしよう;足が遅いのに、リレーに出ることになっちゃった! ほか)
第2章 なやまないでいられる方法ってあるの?(今度のクラス、つまんなそう。友だちできるかな;悪口を言われた。ぜったい仕返しがしたい! ほか)
第3章 人から何かされても気にしない(テストでいちばんをとったら、まぐれだといやみを言われた;面と向かって悪口を言ってくるんだ ほか)
第4章 なやみや魅れは予防できるのかな(いつもがんばりすぎて、疲れてしまうんだ;人前に出ると緊張しちゃう ほか)

著者等紹介

齋藤孝[サイトウタカシ]
1960年静岡県生まれ。明治大学文学部教授。東京大学法学部卒。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)で新潮学芸賞受賞。『声に出して読みたい日本語』(草思社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞。同シリーズは260万部のベストセラーになり、日本語ブームを巻き起こした。テレビ出演も多数。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「カーネギーおじさんに教わる」シリーズ第二巻!デール・カーネギーの世界的ベストセラー『道は開ける』を、カーネギーおじさんが教えてくれるアドバイスに沿って、教育学者の齋藤孝がわかりやすく解説する。親子で楽しく読んで、学校生活やその後の人生に役立ててください。

◎本書の特徴
・多くのビジネスパーソンに愛読されている不朽の名著を、子ども向けに解説。
・対象年齢は小学校低学年から。
・総ルビなので、子どもひとりでも読めます。
・Q&A方式になっており、興味のあるページから読み進められます。

(はじめに)
 この本は、アメリカ人のデール・カーネギーさんが書いた『道は開ける』という本を、日本の子どもたちのためにぼくがわかりやすく解説したものです。どんな内容かというと、「なやみのなくし方」や「なやみの解決のし方」などなやみについてやさしく書いてあります。
カーネギーさんの『道は開ける』は、あまりにいい本だったので、出版されたあと、この本を元にしてたくさんの本が出たくらい、すばらしいものなんです。
いままで小学生がこの本を読むことはあまりなかったと思います。でもみんなだってなやみはたくさんあるはずです。勉強もしなきゃいけないし、友だちだってつくらなきゃいけない。いろんなことがある中で、なやみの解決法がわからなくて、「なやみぐせ」がついてしまうと、大人になってからも苦労します。
だって、いつもなやんでばかりいて、ため息ばかりついていたり、ぐちばっかり言っている人がいたら、嫌われてしまうでしょう? この本を読んで、なやまないやり方を身につけておくと、みんなが中学、高校、そして仕事についたときも、「なやみぐせ」がないから、天下無敵になります。明るく人生がすごせるんです。
 大人たちはみんな言っています。「この本の内容を子どものころから知っておきたかった」と。みなさんはラッキーでした。この本を読んで、なやみを解決する無敵の方法を身につけてください。