22歳からの社会人になる教室<br> 齋藤孝が読むカーネギー『話し方入門』―22歳からの社会人になる教室〈3〉

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

22歳からの社会人になる教室
齋藤孝が読むカーネギー『話し方入門』―22歳からの社会人になる教室〈3〉

  • 齋藤 孝【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 創元社(2019/07発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 70pt
  • ウェブストアに31冊在庫がございます。(2020年07月15日 15時21分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422101255
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0311

内容説明

自信を持って人前で話す方法を説いた不朽のロングセラー『カーネギー話し方入門』を、齋藤孝が現代の若者へ向けて読み解く!

目次

勇気と自信を養う―緊張したら「ま、いいか、殺されるわけじゃないし」とつぶやこう
自信は周到な準備から―アイデアは海面にあらわれたトビウオと同じ。メモという網でつかまえておこう
有名演説家はどのように準備したか―ポイントを3つにしぼり、着地点を決めて、メモなしで話せるようにしよう
記憶力を増進する―覚えたことは必ずアウトプットし、自分の経験を交えて人に話そう
スピーチの成功に欠かせないもの―千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす
上手な話し方の秘訣―話し方のコツをつかみ練習すれば、誰でもスピーチの達人になれる
話し手の態度と人柄―「上機嫌Tシャツ」を着ていると思って、笑顔で話そう
スピーチのはじめ方―“笑いの神”に見放されている人は“誠実の神”に頼ろう
スピーチの終わり方―3分以上話が続くと人はうんざりする。スピーチは簡潔に終わらせよう
わかりやすく話すには―子どもでもわかるよう、言葉は平易に。ビジュアルも駆使しよう。
聴衆に興味を起こさせる方法―人は自分自身のことしか興味がないことを頭に入れて話そう
言葉遣いを改善する―語彙力がないと、子どもっぽいと見られてもしかたない

著者等紹介

齋藤孝[サイトウタカシ]
1960年静岡県生まれ。明治大学文学部教授。東京大学法学部卒。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)で新潮学芸賞受賞。『声に出して読みたい日本語』(草思社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞。同シリーズは260万部のベストセラーになり、日本語ブームを巻き起こした。テレビ出演も多数。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 本書は、自信を持って人前で話す方法を説いた不朽のロングセラー『カーネギー話し方入門』を、教育学者の齋藤孝が自身の実践的技法を披露しつつわかりやすく解説する「22歳からの社会人になる教室」シリーズの第三弾。カーネギーの原著は、単なる口先だけの話術やテクニックを超えた、対人関係の原則に基づく内容ゆえに今なお普遍性を保ち読者を惹きつけて止まない名著。歴史的ベストセラー『人を動かす』『道は開ける』の著者として知られるカーネギーの輝かしいキャリアは、話し方教室の講師をつとめたことから始まる。長年にわたる経験を土台に、深い人間洞察に根ざした独自のスピーチ術を駆使し、話す前の心構えから、テーマの選び方、準備、始め方、終わり方まで、人の心をつかみ、自信を持って人前で話すためのノウハウを懇切に手ほどきする。偉大な話し手だったリンカーンやセオドア・ルーズベルト、マーク・トウェインなどの例やエピソードも豊富で、楽しく分かりやすい。
 また本書では、シリーズ名にあるように、これから社会人なろうとしている若者に向けて「話し方」の重要性を伝えることを眼目としている。自分の意見や気持ちをうまく言葉にして相手に伝えるコミュニケーション能力が学力と同等に重要な部分として評価の対象になるからだ。就職に際して、企業の人事担当者が求める人材がコミュニケーションのスキルを身につけた人物が一番と言うところからもわかる。現役のビジネスパーソンにとっては、朝礼や会議をはじめ、プレゼンテーションの場など様々な場において「話す」ことが欠かせない。スピーチを憂鬱に感じている人に自信を与える最良の一冊。