道は開ける (文庫版)

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

道は開ける (文庫版)

  • ウェブストアに540冊在庫がございます。(2021年10月17日 00時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 346p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784422100999
  • NDC分類 159
  • Cコード C0111

出版社内容情報

『人を動かす』と並ぶカーネギーの二大名著。悩みの原因を分析し、苦悩を克服するための具体的かつ実践的な方法を解き明かす。

『人を動かす』と並ぶカーネギーの二大名著。人が生きていく上で誰もが直面する「悩み」の原因を客観的に自己分析し、心の持ちようや習慣を改め、心身の疲れを取り除く等の方法で具体的かつ実践的に解き明かす。苦悩するすべての人を心の闇から救いだし、行動と自己変革への勇気を与え、新しい人生を切り開くための座右の書。1944年の初版刊行以来、時代に合わなくなった部分を修正するなど、折々に改訂が施されてきた現行の公式版。

訳者まえがき
◇PART1 悩みに関する基本事項
1 今日、一日の区切りで生きよ
2 悩みを解決するための魔術的公式
3 悩みがもたらす副作用
◇PART2 悩みを分析する基礎技術
4 悩みの分析と解消法
5 仕事の悩みを半減させる方法
◇PART3 悩みの習慣を早期に断つ方法
6 心の中から悩みを追い出すには
7 カブトムシに打ち倒されるな
8 多くの悩みを閉め出すには
9 避けられない運命には調子を合わせる
10 悩みに歯止めをかける
11 おがくずを挽こうとするな
◇PART4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法
12 生活を転換させる指針
13 仕返しは高くつく
14 恩知らずを気にしない方法
15 百万ドルか、手持ちの財産か
16 自己を知り、自己に徹する
17 レモンを手に入れたらレモネードをつくれ
18 二週間でうつを治すには
◇PART5 悩みを完全に克服する方法
19 私の両親はいかにして悩みを克服したか
◇PART6 批判を気にしない方法
20 死んだ犬を蹴飛ばす者はいない
21 非難に傷つかないためには
22 私の犯した愚かな行為
◇PART7 疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法
23 活動時間を一時間増やすには
24 疲れの原因とその対策
25 疲労を忘れ、若さを保つ方法
26 疲労と悩みを予防する四つの習慣
27 疲労や悩みの原因となる倦怠を追い払うには
28 不眠症で悩まないために

【著者紹介】
1888年、米国ミズーリ州の農家に生まれ、大学卒業後、雑誌記者、俳優、セールスパーソンなど雑多な職業を経て、弁論術や成人教育の講師となり、人間関係の先覚者として名をなす。不朽の名著『人を動かす』『道は開ける』など多数の著作がある。

内容説明

日本で300万部突破の世界的ベストセラー。悩みの原因を根本から突き止め、悩みを克服するための具体的な方法を解き明かした不朽の名著。

目次

1 悩みに関する基本事項
2 悩みを分析する基礎技術
3 悩みの習慣を早期に断つ方法
4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法
5 悩みを完全に克服する方法
6 批判を気にしない方法
7 疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法

著者等紹介

カーネギー,デール[カーネギー,デール] [Carnegie,Dale]
1888年、米国ミズーリ州の農家に生まれ、大学卒業後、雑誌記者、俳優、セールスパーソンなど雑多な職業を経て、弁論術や成人教育の講師となり、人間関係の先覚者として名をなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

デーカ

45
古い時代から現代まで人間がいかに『悩み』というものに苦しめられてきたか、それをどう乗り越えてきたかが、多くの人の体験談などをもとに書かれています。病は気からと言いますが、精神的に疲れることが健康に害を及ぼす例なども興味深く、いろいろと考えさせられました。何度も読み返します。2018/10/08

Mr.チャーリー

43
「人を動かす」に続き、僕にとって2冊目となるデール・カーネギー氏の著書。「人を動かす」の内容がとても親しみやすく理解しやすかったのですが、「道は開ける」を読み進むのに時間がかかってしまいました。宗教的な色合いを所々に感じたからなのでしょうか。訳者は「人を動かす」の訳者と違う人ですが、訳し方の言葉使いの違いも、僕自身の理解に影響していたのではないかとも思いました。2019/06/03

Susumu Tokushige

43
10年以上前に読んだが内容をすっかり忘れていたので再読。本書は『悩み』について、基本事項・分析技術・克服方法・予防法について解説し、事例集として他者の経験談・実話をまとめた書籍。「本当に起こるか判らない出来事や、どうにもならないことで悩むのは止める。ポジティブに生きる。」がポイントか。悩みが習慣化すると、身体に異変が起こり病気になる…というのが当時から認知されていたことに驚く。悩まない方法として『多忙』が挙がっている。悩む時間を別の時間に充てるのだとか。確かに悩んだ時は読書してる。大概の悩みは読書で治る。2018/01/23

Y2K☮

36
過去も未来もない。今この時が全て。最悪の事態を想定し、受け入れる覚悟を決め、それから落ち着いて好転させる努力をする。小事にこだわるには人生は余りにも短い。己の健康の為に敵を許し、忘れる。足りないものではなく恵まれているものに目を向ける。妥当な批判は成長の糧にし、不当なものは忘れる或いは逆説的な賛辞と受け取る。問題は逆境ではなくその捉え方。損失から利益を得る精神。疲れる前に休む。睡眠不足で死んだ者はいない。眠れぬ夜は寝ないで勉強しよう。むしろチャンス。決断即実行。やりたいことを楽しんでいれば悩む暇などない。2018/01/08

里愛乍

35
基本的にその日その日を一日で区切って生きること、そしてキャリア氏の公式(三段階)である。ここで一番難しいとされるのは2番めの「受け入れる」という行為であろう。大抵の人間は頭では理解できていることでも、感情は承知しないであろうから、だからここで悩むのである。この最悪の事態を「たかが」と思えれば、生き方もだいぶ楽になれるのではと思うのだけど。どちらにせよ言っていることは至極シンプル、そして最も行動が難しい。ゆえに成し得た者との差がここで出てくるのだと思う。2017/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10159455

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。