近代会計と複式簿記

個数:
  • ポイントキャンペーン

近代会計と複式簿記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 20時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 210p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419041854
  • NDC分類 336.9

内容説明

複式簿記と「近代会計」との関わり、はては「現代会計」との関わりを多面的に検討しようとするのが本書の目的、研究の目的である。

目次

第1部 複式簿記と近代会計の生成(勘定記録の生成と複式簿記;ネーデルラントの簿記(書)と近代会計―16~17世紀前半を中心にして
17‐19世紀イギリスにおける会計の展開 ほか)
第2部 近代会計の理論形成(Hatfield会計学の現代性―クリーン・サープラス問題をめぐって;簿記論から会計理論への展開―Patonの簿記論と持分概念;Littletonの会計理論―原価主義会計論の2つの潮流とA.C.Littleton ほか)
第3部 現代会計の制度展開(FASBの会計フレームワーク―SFAC第7号の今日的意味;国際会計基準の概念フレームワーク―会計上の認識規準を中心として;米国公会計制度の動向―GASBの報告書を中心として ほか)

著者紹介

土方久[ヒジカタヒサシ]
1942(昭和17)年5月福岡県久留米市に生まれる。1966(昭和41)年3月関西学院大学商学部卒業。1968(昭和43)年3月神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了。1971(昭和46)年3月同博士課程単位取得退学。1987(昭和62)年9月同博士号取得(経営学博士)。1968(昭和43)年4月西南学院大学商学部助手。1971(昭和46)年4月同講師。1973(昭和48)年4月同助教授。1979(昭和54)年4月同教授、現在に至る。1982(昭和57)年6月日本会計研究学会太田賞受賞