会計プロフェッションと内部統制

個数:
  • ポイントキャンペーン

会計プロフェッションと内部統制

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 03時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419041762
  • NDC分類 336.97

内容説明

本書は、監査環境の変化に伴う会計プロフェッションの役割期待の変化、およびそれに対する会計プロフェッションの対応の問題を検討したものである。

目次

監査環境の変化と問題の所在
第1部 監査環境の変化と会計プロフェッションの対応(適正性レベル;GAAPとGAAS;日本における監査環境の変化と会計プロフェッションの意識;保証業務のフレームワークと監査需要論;MD&A開示に対する保証の付与 ほか)
第2部 内部統制に対する会計プロフェッションの関与(内部統制フレームワーク設定の意義と背景;内部統制フレームワークをめぐる新たな動向;マネジメント・レターによる内部統制報告;金融機関における内部統制報告―FDICIAの制定とアテステーションの枠組み;英国・カナダにおける内部統制報告問題 ほか)

著者紹介

町田祥弘[マチダヨシヒロ]
東京経済大学経営学部助教授(財務会計・会計監査論)。1991年早稲田大学商学部卒業。1997年早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。同年東京経済大学経営学部専任講師。2000年同助教授(現職)。2002年博士(商学)。2002‐2003年Warwick University(英国)にて客員研究員。現在、日本監査研究学会幹事、金融庁企業会計審議会専門委員、日本公認会計士協会「監査規範の概念的枠組みに関する研究会」委員、他

出版社内容情報

会計士の新しい役割として期待される内部統制報告について解説。