天海・光秀の謎―会計と文化 (改訂版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

天海・光秀の謎―会計と文化 (改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 09時18分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784419041106
  • NDC分類 336.9

内容説明

日本において、複式簿記は、明治時代になってから西洋からもたらされたものであり、江戸時代の商家にみられる複式簿記と同じ機構をもった帳簿については、わが国「固有のもの」と位置付けられてきた。これがこれまで会計学会の定説であった。筆者は、その定説とは異なって、16世紀後半の織田信長の時代にイタリア式簿記が、日本に伝えられていたということを「文化論的アプローチ」にもとづいて明らかにした。本書は、「イタリア式簿記の日本伝播説」についての10年間にわたる著者の一連の研究成果をとりまとめたものである。

目次

第1章 16世紀日欧会計史
第2章 江戸初期帳合法とルネッサンス
第3章 桂離宮大福帳と歴史の謎
第4章 江戸時代の会計と文化的側面
第5章 諸商家の帳合法とその系譜
第6章 『預置候金銀請払帳』と南光坊天海・明智光秀同一説
第7章 日本会計史の謎と六角星形
第8章 会計学研究と天海・光秀同一説―小鹿野の十三仏画像と善光寺・戸隠山の歴史
第9章 秩父・川越の歴史と古九谷・写楽の謎
第10章 「天海・光秀同一説」その後の展開

著者紹介

岩辺晃三[イワナベコウゾウ]
昭和13年5月静岡県庵原郡由比町に出生。昭和36年3月青山学院大学経済学部商学科卒業。昭和38年3月慶応義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。昭和41年3月同博士過程単位取得満期退学。昭和43年4月埼玉大学経済短期大学部講師。昭和55年7月埼玉大学経済短期大学部教授。平成4年10月埼玉大学経済学部教授