現代コーポレートファイナンス論

個数:
  • ポイントキャンペーン

現代コーポレートファイナンス論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 10時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784419039523
  • NDC分類 336.82

内容説明

本書は、規模拡大とコスト削減という二つの対立的な様相を示す現代の複雑な財務を多面的に分析し、その特徴と問題点を指摘するとともに、現代財務の今後の方向性を明らかにする。

目次

資産の流動化と株式会社の今日的役割
キャッシュ・フロー経営と財務管理
株式所有構造の変化とコーポレート・ガバナンス
M&Aとターゲット企業の株主の売却判断―アメリカのTOBにおける機関投資家の場合
業績指標としてのROAの有効性について
日本における不動産証券化
日本における社債担保証券の意義と問題点
会計の国際化と税効果会計
環境問題による資金調達市場への影響とその動向
金融制度改革と中小企業の直接金融化〔ほか〕

著者紹介

坂本恒夫[サカモトツネオ]
経営学博士。明治大学教授、知的資産センター副センター長。1947年京都府生まれ。1979年明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。第一経済大学、創価大学を経て、1991年より現職。この間、1984・85年オーストラリア、ニュー・サウス・ウエールズ大学客員研究員、97から99年イギリス、レディング大学客員研究員。現在、日本経営財務研究学会副会長、日本財務管理学会副会長、証券経済学会理事、日本経営分析学会理事、中小企業・ベンチャービジネス・コンソーシアム会長

出版社内容情報

現代財務の複雑性を多面的に分析した好著。