貸金業と過払金の半世紀

個数:

貸金業と過払金の半世紀

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年04月26日 01時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 281p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784417017318
  • NDC分類 338.7
  • Cコード C3032

内容説明

消費者金融業の軌跡を素描!!消費者金融業者を「貸金専業者」と「貸金兼業者」に大別、かれらが最終的にクレジットカード業に収束していった歴史的背景と、それに決定的な働きをした最高裁及び種々の裁判所における重要判決例の要点をそれぞれ詳細にまとめた稀覯書!!

目次

第1章 貸金業者の栄枯盛衰(貸金業の開拓者(貸金専業者)
貸金業の追随者(貸金兼業者等) ほか)
第2章 貸金規制の変遷(旧「利息制限法」等による規制(戦前・戦後~昭和28年)
「利息制限法」と「出資法」による規制(昭和29年~昭和57年) ほか)
第3章 過払金訴訟の最高裁判決(利息制限法の解釈論;不当利得(民法703条) ほか)
第4章 貸金兼業者に対する過払金訴訟の判決例(A社の主業;貸金業の内容 ほか)
巻末付録