交通事故物的損害の認定の実際―理論と裁判例 (改訂版)

個数:

交通事故物的損害の認定の実際―理論と裁判例 (改訂版)

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年10月24日 04時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784417017257
  • NDC分類 681.3
  • Cコード C3032

内容説明

物損はいかに認定・判断されているのか?裁判官が、弁護士費用補償特約付自動車保険の普及で増加し様々な論点がある物損被害の損害賠償請求事件の裁判例について、争点項目を細分化してよりわかりやすく整理。最新裁判例を加えますます充実、交通事故事件に携わる者に有用な1冊!

目次

物的損害の請求権者
修理費等
車両購入諸費用
評価損(格落損)
代車料(代車使用料)
休車損(休車損害)
事故処理費用
損害賠償請求関係費用
その他の物的損害
弁護士費用
不法行為債務の遅延損害金
保険代位による不法行為に基づく損害賠償請求
訴訟手続

著者紹介

園部厚[ソノベアツシ]
東京簡易裁判所判事。平成13年8月東京簡裁判事、その後、平成14年4月稚内簡裁、平成16年4月東京簡裁、平成19年4月石岡・笠間簡裁、平成22年4月東京簡裁、平成25年4月青森簡裁、平成28年4月から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)