白熱・刑事事実認定―冤罪防止のハンドブック

個数:

白熱・刑事事実認定―冤罪防止のハンドブック

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2017年11月18日 02時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417017202
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C3032

目次

第1講 有罪認定の基準―合理的な疑いとは
第2講 情況証拠(その1)―最高裁が示した有罪認定のルール
第3講 情況証拠(その2)―総合的事実認定の在り方を考える
第4講 科学的証拠―DNA型鑑定を等身大に見る
第5講 黙秘権の行使―黙秘権行使は被告人に不利か
第6講 類似事実による認定―「予断」と「偏見」を排除する
第7講 被害者の供述―信用性吟味の困難性
第8講 自白の信用性(その1)―信用性判断の注意則とは何か
第9講 自白の信用性(その2)―信用性判断の新たな展開
第10講 共犯者の自白―危険な証拠にいかに対処するか

著者紹介

門野博[カドノヒロシ]
弁護士。昭和20年生まれ。昭和43年3月京都大学法学部卒業。同年4月司法研修所入所(第22期司法修習生)。同45年判事補任官(東京地裁)。同55年判事任官(秋田地家裁横手支部判事)。その後、東京地裁判事、松山地家裁西条支部長、横浜家裁判事、新潟地家裁長岡支部長、東京高裁判事、埼玉地家裁越谷支部長、札幌高裁判事(部総括)、函館地家裁所長、札幌地裁所長、名古屋高裁判事(部総括)、東京高裁判事(部総括)を経て、平成22年2月退官。同4月法政大学大学院法務研究科(法科大学院)教授。同27年3月退職。現在弁護士(東京弁護士会所属)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)