民事裁判の要領―裁判官の視点から

個数:

民事裁判の要領―裁判官の視点から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月25日 14時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 291p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784417016892
  • NDC分類 327.2
  • Cコード C3032

内容説明

裁判官は―事件や関係当事者をどのように見ているのか?裁判においてどのように心証を形成するのか?―民事裁判はだれのためのものか?紛争解決の手続であり、仕組みであり、技術である民事裁判の実際、なかなか見えてこない実情について、様々な疑問に答える。

目次

紛争解決の始まり
訴え提起前の対策
訴えの提起と訴訟の開始
訴えへの対応
第1回口頭弁論
争点等整理手続
準備書面
口頭弁論の続行
証拠調べ
和解の試み
裁判の終局
控訴
上告
民事執行

著者等紹介

門口正人[モングチマサヒト]
前名古屋高等裁判所長官。アンダーソン・毛利・友常法律事務所顧問/弁護士(第二東京弁護士会)。取扱案件:企業法務一般、コーポレートガバナンス、危機管理/不祥事対応、一般民商事紛争、裁判外紛争処理(商事仲裁・ADR等)、事業再生・倒産(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。