リーガル・プログレッシブ・シリーズ<br> 建築訴訟

個数:
  • ポイントキャンペーン

リーガル・プログレッシブ・シリーズ
建築訴訟

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 471p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784417016472
  • NDC分類 520.91
  • Cコード C3332

内容説明

大阪地裁建築・調停部に所属してきた裁判官が、建築紛争の全体像を明らかにし、さらに紛争類型ごとの理論的問題を幅広く取り上げ、豊富な実務経験に基づいて深く掘り下げ分析・わかりやすく解説。建築紛争解決のための必読書。

目次

第1部 総論(建築関係訴訟の特徴と審理の在り方;建築生産のプロセスについての基礎知識;建築紛争の主な類型;建築訴訟の基本的な審理方法)
第2部 各論(施主と施工者(売主)との間の訴訟(1)―施工上の瑕疵が問題となる事案
施主と施工者との間の訴訟(2)―追加・変更工事代金の請求の可否が問題となる事案
施主と施工者との間の訴訟(3)―工事の出来高が問題となる事案
施主と設計者との間の訴訟
施主と工事監理者等との間の訴訟)
第3部 座談会「建築訴訟における専門的知見の活用について」
書式例