知的財産訴訟実務大系〈1〉―知財高裁歴代所長座談会、特許法・実用新案法1

個数:
  • ポイントキャンペーン

知的財産訴訟実務大系〈1〉―知財高裁歴代所長座談会、特許法・実用新案法1

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月12日 04時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 526p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417016236
  • NDC分類 507.2
  • Cコード C3032

内容説明

現・元知財部裁判官並びに日弁連知財センター委員長経験者等が知的財産法の最先端実務を計80問、全3巻構成で徹底解説する。第1巻には、知財高裁の歴代所長による座談会「知財高裁設立の経緯と未来への展望」を掲載、知的財産実務のあるべき将来像を探求する。

目次

第1部 知財高裁歴代所長座談会―歴代所長が語る知財高裁設立の経緯と未来への展望
第2部 解説(特許法・実用新案法)