知的財産法の新しい流れ―片山英二先生還暦記念論文集

個数:

知的財産法の新しい流れ―片山英二先生還暦記念論文集

  • 価格 ¥8,640(本体¥8,000)
  • 青林書院(2010/11発売)
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月17日 12時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 694p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417015284
  • NDC分類 507.2
  • Cコード C3032

内容説明

知的財産法の実務をリードしてきた片山英二先生の還暦を記念し、第一線で活躍する国内外の著名な研究者・実務家39名が、最先端のテーマに鋭く迫る。知的財産法の新潮流を把握する上で好適な論文集。

目次

発明の進歩性―その法理と比較法的考察
片山君のこと、ボーダーレス時代を迎えた製薬産業と重要判決2題
特許出願に係る発明の要旨認定とクレーム解釈について
急速な技術の進歩に対応するための発明保護と記載要件について―サポート要件導入の功罪と今後の展望
同一性保持権侵害と原状回復措置請求に関する一考察
特許侵害訴訟における和解に関する一考察(独禁法上の問題に敷衍して)
機能的クレームの日米比較
革新的な知財ビジネスモデルへの挑戦―ライフサイエンス分野を中心として
アライアンスにおける知的財産の評価とその重要性
用途発明及び用途限定を含む発明の権利行使に関する一考察―物の発明の視点から〔ほか〕