青林法律相談<br> リース・クレジットの法律相談 (第3版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

青林法律相談
リース・クレジットの法律相談 (第3版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月17日 01時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 613p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784417015055
  • NDC分類 324.52
  • Cコード C3332

内容説明

新版刊行後、割賦販売法、特定商取引法等のクレジット取引に関係する大改正があった。また、リース取引分野でも幾つかの新判例が出され、新リース会計基準の適用もなった。本書は、法改正に伴う新しいテーマも追加し内容充実の最新版。

目次

第1章 リース(リース取引;契約の主体;リース契約の締結;リース契約の効力;リース契約の終了;ユーザーの倒産とリース債権の取扱い;サプライヤーの倒産とリース契約;リース会社の倒産とリース契約;リース取引と事故;リース資産の保全;リース会社の不法行為責任;各種リース取引;リース取引の会計処理)
第2章 クレジット(クレジット契約;返済の方法;クレジット契約の成立・効力;関連法規;裁判手続;刑事責任)
第3章 リース・クレジット債権等の流動化

著者紹介

山岸憲司[ヤマギシケンジ]
1970年中央大学法学部法律学科卒業。1973年東京弁護士会登録。1987年法制審議会民事訴訟法部会兼強制執行制度部会幹事。1993年財団法人日本資産流動化研究所評議員。2000年法務省司法試験考査委員。2005年日本弁護士連合会事務総長。2009年東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長

片岡義広[カタオカヨシヒロ]
1977年中央大学法学部法律学科卒業。1980年東京弁護士会登録。1986年法務省・大蔵省抵当証券研究会特別委員。1993年財団法人日本資産流動化研究所法務委員会副委員長。1997年大蔵省電子マネー及び電子決済の環境整備に向けた懇談会特別委員。1999年最高裁判所司法研修所民事弁護教官。2004年中央大学法科大学院客員教授、法政大学法科大学院兼任教授。2005年法務省司法試験(新司法試験)考査委員(商法担当)

内山義隆[ウチヤマヨシタカ]
1988年中央大学法学部法律学科卒業。1994年東京弁護士会登録(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)