裁判からみた内部告発の法理と実務

個数:

裁判からみた内部告発の法理と実務

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 459p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417014683
  • NDC分類 335.13
  • Cコード C3032

内容説明

内部告発は企業のコンプライアンスに対する認識を高める等の重要な役割を果たしてきた。168の裁判例を取り上げ、裁判分析と訴訟実務の第一人者がその法理と実務を明らかにする。

目次

第1 公益通報等をめぐる裁判例(公益通報制度の概要;公益通報制度の運用 ほか)
第2 内部情報の取得等をめぐる裁判例(内部情報の取得等の概説;内部情報の取得等をめぐる裁判例)
第3 情報提供をめぐる裁判例(情報提供の概説;情報提供をめぐる裁判例)
第4 公益通報をめぐる対策(内部告発の今後の動向;内部告発者の負担 ほか)

著者紹介

升田純[マスダジュン]
中央大学法科大学院教授・弁護士。1974年京都大学法学部卒業。農林省(現農林水産省)入省。1977年裁判官任官・東京地方裁判所判事補。1990年東京地方裁判所判事。1992年法務省民事局参事官。1996年東京高等裁判所判事を経て、退官。1997年弁護士登録。聖心女子大学教授。2004年中央大学法科大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)