リーガル・プログレッシブ・シリーズ<br> 知的財産関係訴訟

個数:

リーガル・プログレッシブ・シリーズ
知的財産関係訴訟

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月25日 01時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 534p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417014515
  • NDC分類 507.2
  • Cコード C3332

内容説明

第一線で活躍する裁判官らが、知的財産関係訴訟の手続の一般的な概要、知的財産権侵害訴訟及び職務発明相当対価請求訴訟において現在直面している実務上の諸問題について、わかりやすく解説。急速な技術革新の流れのなかで次々に提起される新たな問題についても法的な解明を目指し、知的財産権紛争の迅速な解決のための指針を示す。

目次

第1部 知的財産関係訴訟の手続の一般的な概要(知的財産権侵害訴訟の特色;訴え提起;特許権侵害訴訟の実際について(モデルケースについての説明)
知的財産権侵害訴訟の審理の特色について
審理の充実と営業秘密保護のための方策
和解について
仮処分について
審決取消訴訟の審理の特色)
第2部 特許、実用新案権(侵害訴訟;職務発明の相当の対価請求訴訟; ほか)
第3部 商標権侵害訴訟(真正商品の並行輸入;インターネット上での商標権侵害)
第4部 意匠権侵害訴訟(最近の改正について)

著者紹介

飯村敏明[イイムラトシアキ]
知的財産高等裁判所判事

設樂隆一[シタラリュウイチ]
東京地方裁判所判事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)