• ポイントキャンペーン

現代法律学講座
行政法〈1〉総論 (第4版(改訂版))

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 540,/高さ 23cm
  • 商品コード 9784417013990
  • NDC分類 323.9
  • Cコード C3332

内容説明

平成17年4月施行の行政事件訴訟法を織り込んで「行政救済法」関係の見直しを図るとともに、現行法令の改変にあわせて加筆・補訂を施す。

目次

序論 行政法と行政法学
第1編 行政及び行政法(行政;行政法)
第2編 行政の諸活動とその法的規制その一―法律による行政の原理(「法律による行政の原理」とは何か;「法律による行政の原理」の例外と限界;行政過程への私人の参加―新たな方向の模索)
第3編 行政の諸活動とその法的規制その二―行政活動の諸形式(行政行為;行政法上の義務の強制手段;「三段階構造モデル」の例外)
第4編 行政救済法(行政争訟法その一―行政訴訟法;行政争訟法その二―狭義の行政争訟法;行政法上の損害賠償制度)

著者等紹介

藤田宙靖[フジタトキヤス]
東北大学名誉教授、最高裁判所判事。昭和15年4月6日生。昭和38年東京大学法学部卒業、東京大学法学部助手。昭和41年東北大学法学部助教授。昭和52年東北大学法学部教授。平成13年東北大学大学院法学研究科教授。平成14年東北大学名誉教授、最高裁判所判事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。