箱根「竹仙人」の料理が世界に響いた理由―箱根の繁盛旅館オーナーシェフ四十五歳からの成功術

個数:

箱根「竹仙人」の料理が世界に響いた理由―箱根の繁盛旅館オーナーシェフ四十五歳からの成功術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月17日 22時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 184p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416919903
  • NDC分類 689.8
  • Cコード C0034

出版社内容情報

高校卒業後、立身出世を目指して上京。
瞬く間に六本木で不動産業として成功し富を手に入れるが、バブル経済崩壊とともに奈落の底に突き落とされることに。
資産を損切りし、なんとか自己破産は切り抜けるものの、資産として残ったのは、高齢の大家さんたちを温泉で労おうと大蔵財団から購入していた箱根の瀟洒な旅館だけ。

そこで一念発起、旅館の本格経営に臨むも、そこにもいばらの道が待ち受けていた。
板前との確執や温泉地ならではのトラブル……。
切羽詰まった挙げ句、自ら料理人になる決断をしたのは45歳のこと。
包丁を握ったことすらなかった中年男の大挑戦が始まった――。

現在は、自ら作った竹細工の器に創作料理が人気のオーナーシェフとして成功をおさめている。
毎日、オーナーが打つ十割蕎麦と竹細工の器で飾られた創作料理は、政界、学会の要人はもとより、海外からの観光客にも脚光を浴びている。

内容説明

高校卒業後、立身出世を目指して上京。六本木で不動産会社を起こして成功し、瞬く間に富を手に入れるが、バブル経済崩壊とともに奈落の底に突き落とされることに。資産を損切りし、なんとか自己破産は切り抜けるものの、資産として残ったのは、高齢の大家さんたちを温泉で労おうと大倉文化財団から購入していた箱根の瀟洒な旅館だけ。そこで一念発起、旅館の本格経営に臨むも、そこにもいばらの道が待ち受けていた。板前との確執や温泉地ならではのトラブル…。切羽詰まった挙げ句、みずから料理人になる決断をしたのは四十五歳のこと。包丁を握ったことすらなかった中年男の大挑戦が始まった―。

目次

第1章 バブル経済時代の不動産業(九人きょうだいの末っ子は自由の身;東京・六本木で富をつかむ ほか)
第2章 旅館経営の本格始動~失態編(大倉喜八郎の元別荘;旅館業を本格化させて驚いたこと ほか)
第3章 「よし、俺が料理人になる」(四十五歳からの大挑戦;どん底からの巻き返し ほか)
第4章 見果てぬ志のゆくえ(かけがえのない出会いに恵まれて;「おもてなし」の心は国境も越える ほか)
特別編 未来に伝えたい和文化の創作料理(次世代に託す料理のレシピ;寄稿・紫雲荘のお客様より)

著者等紹介

鈴木角雄[スズキミツオ]
株式会社ホテル紫雲荘代表取締役社長。1946年、静岡県三島市生まれ。高校卒業後に上京し、1976年に不動産業である株式会社角井を起業。年商50億円までの事業に成長させるも、バブル経済崩壊とともに破綻寸前となる。不動産事業と併行して1987年、株式会社ホテル紫雲荘を設立。この旅館業が経営破綻を救った。みずから料理長を務め、独学の創作料理と蕎麦打ち、竹製の器などが激戦区の箱根温泉で好評を得ることに。現在では創業30年を迎える人気旅館となり、海外からの宿泊客を中心に賑わう。みずから「竹仙人」を名乗り、旅館を通じて手作りの竹製品で日本文化を伝承している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。