ブランド「メディア」のつくり方―人が動く ものが売れる編集術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416810378
  • NDC分類 674
  • Cコード C0034

内容説明

雑誌、フリーペーパー、ネットニュースなど、第一線で活躍し、様々な場で激変の時代にビジネスとして成り立つ「メディア」をつくり続けている編集者10人が、編集技術を披露する。

目次

ヤフー・ニュースのつくり方
PVをとれるネットニュースのつくり方
商品情報を読みたい記事にする技術
誌面から、消費のチャンスと売り場をつくる
読者のライフスタイルと広告主をつなぐ
『ブルータス』が『ブルータス』であるために
編集長は独裁者
文芸編集のしごと―文芸をつくること、売ること
新書のタイトルはこう決まる
ユーザーをハマらせる世界をつくる

著者等紹介

嶋浩一郎[シマコウイチロウ]
博報堂ケトル編集者・クリエイティブディレクター。1968年生まれ。上智大学法学部卒。1993年博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局に配属され企業のPR・情報戦略に携わる。2001年から2003年、雑誌「広告」(博報堂)編集長。2004年「本屋大賞」立ち上げ。2006年、既存の広告手法にとらわれない課題解決を目指し、博報堂ケトルを設立。近年の主な仕事に「社長島耕作就任キャンペーン」(講談社/サントリー)、「週刊少年サンデー・週刊少年マガジン50周年」コラボ企画(小学館/講談社)、「Green Road Project」(KDDI)、雑誌「『旬』がまるごと」(ポプラ社)プロデュースなど(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ai

7
各媒体の具体例がとても参考になる。Webメディアとしてデータ分析をしながらコンテンツを作ること、一方紙媒体編集として大切なことは変わらず。2021/01/19

dai

3
編集のマインドセット、考え方、スキルが学べる本。 編集で意識すべきタイトルの付け方や、構成に納得感があり、今後仕事の中で応用していきたいと思った。 特にタイトルの付け方が面白く、①身近なこと②内容が伝わるか③対話(インタラクティブ)④衝撃の4つを意識すると良い。 また、生活者インタビューからニーズを探ることを日頃から実施されており、マーケティングの基本としても共感(特にR25とVERYは、企画する上でとても参考になる)。2021/12/19

funkypunkyempty

3
★★★★ “編集する”ということがどういうことなのかを学べる1冊。正直、期待以上の本でした♪2021/09/11

森田健作

3
めちゃくちゃ勉強になる本。広告・メディア業界で働く人は必読。2020/12/13

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/664940
  • ご注意事項