本と店主―選書を通してわかる、店主の原点。店づくりの話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416715581
  • NDC分類 019
  • Cコード C2076

出版社内容情報

本への造詣の深い著者が、カフェや雑貨など手仕事を感じさせる人気店の店主に「人生にかかわる本」を聞き出す対談インタビュー集。

東京・茅場町の川沿いにある古いビルに古書店「森岡書店」をオープンさせ、
2015年には銀座に「一冊の本を売る本屋」として新たな店舗を構えた森岡書店店主・森岡督行氏。

本書は、リトルプレス『ボナペティ』の人気連載「本と人」に、加筆修正して書籍化したもの。

旅ベーグル、EEL、OUTBOUND、in-kyo、cafeイカニカ、夏葉社、書肆逆光、カキモリ、歩粉、ラ・ロンダジル、watari、コシラエルといった、
手仕事をキーワードにし、丁寧なものづくり、みせづくりを行う、人気のカフェや雑貨、アパレルショップ等の店主約12名に、
彼らの「人生にかかわった本」について著者が聞き出す、対談インタビュー集。

小説から写真集、絵本、ビジネス書にいたるまで、人気店主の人生における本を通し、
その人となりや豊かな暮らしぶりだけでなく、彼らの店作りについても聞き出します。
自分らしい、「ちいさな店」を持ちたいと思っている人にも必見です。

これまで多くの本に親しんできた著者の、本への造詣の深さはもちろん、
インタビュアーとしてのさまざまな店主の魅力を引き出している対談の内容は、読み応えのある一冊になっています。

【著者紹介】
森岡 督行:1974年山形県生まれ。2006年に東京・茅場町に「森岡書店」をオープン、2015年には「一冊の本を売る本屋」として銀座店をオープン。著書に『BOOKS ON JAPAN1931-1972日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋』(晶文社)、『東京旧市街地を歩く』(エクスナレッジ)などがある。

内容説明

「森岡書店」と人気店の店主13人が語る、一冊の「本」からつむいだ対談インタビュー集。

目次

Roundabout/OUTBOUND 小林和人さん―余白を感じるものに惹かれる
旅ベーグル 松村純也さん―大切なのは、「夢冒険」し続けること
EEL 高橋寛治さん 渋谷文伸さん―キーワードは自分たちの世界観
in‐kyo 長谷川ちえさん―暮らしも仕事も根っこは一緒
caf´eイカニカ 平井かずみさん―暮らしのワンシーンからインスピレーションをもらう
夏葉社 島田潤一郎さん×津肆逆光 鈴木学さん×森岡書店 森岡督行―「人」と「本」を繋ぐ、これからの本屋の行方を探る
カキモリ 広瀬琢磨さん―利益よりも、「書く」ということを伝えたい
歩粉 磯谷仁美さん―「Olive」への憧れからはじまって
La Ronde d’Argile 平盛道代さん―心地良い空間づくりと、ギャラリーとしての在り方を考える
watari 小林紀子さん―自由な発想で楽しむことの大事さ
Coci la elle ひがしちかさん―言葉以外から伝わってくる“なにか”に心が動く
森岡書店 森岡督行―「本」に導かれて辿り着いた、書店主としての新たなテーマ

著者等紹介

森岡督行[モリオカヨシユキ]
1974年山形生まれ。2006年に東京・茅場町に「森岡書店」をオープン、2015年には「一冊の本を売る書店」として銀座店をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サルビア

23
選書を通してわかる、店主の原点。店づくりの話という副題にある通り、店主が選んだ本はその店を形づくっていると強く思いました。inkyoの中川ちえさん、カキモリの広瀬琢磨さん、歩粉の磯谷仁美さんなど、お店も行ったことがあるし、お店をつくるまでの背景なども知ることが出来た良かった。中でも、森岡書店で小駒真弓さんという陶のアクセサリー作家の方が書店でのイベントで、自分が影響を受けた本と作品を一緒に置いたら、お客さんから小駒さんの作品の見え方が変わったという声があったのには成る程と思いました。2016/09/25

sagaway8

22
森岡さんの作品は『荒野の古本屋』(晶文社)以来、2冊目。それぞれのこだわりで個性的なお店を経営され、活躍されてきた方々が影響を受けた本をインタビュー形式で紹介。本と人とのつながりを通して、その人の生き様がうかがい知ることができて楽しめる。紹介された本はどれも読んだことはないけれど、本の存在価値を改めて認識できた素敵な企画であり、作品でした。また、それぞれの店主のお店の素敵な空気感が伝わる作品でした。経営そのものは大変なんだろうけど、やりたいことをやって生活できる喜びに遊び心が見え隠れして正直羨ましかった。2015/12/27

緋莢

17
人気カフェや雑貨、アパレルショップの店主たちは、今までの人生で、どんな本を読み、影響を受けて来たのか?村上春樹の小説や向田邦子のエッセイ つげ義春の漫画や、外国の写真集など多種多様な本の思い出と共に暮らしや店づくりについてを、古書店「森岡書店」の店主・森岡督行が聞き出した対談インタビュー集。2016/06/11

チェアー

9
森岡さんがゲストの話に頷いているのだが、それが相手と切り結んでいないように感じられて歯がゆい。個人店主がインスパイアされた本を紹介してもらう、という趣旨であっても。2018/09/29

tktcell

7
丁寧さ。その言葉が浮かんだ。静かに読みたい1冊。この本を読んでいると森岡さんや他の店主の方の「丁寧さ」がすごく伝わってくる。その姿勢が僕にとってはすごく尊敬できるもので、今、自分に足りないものなのではと考えさせてくれる。もし、自分が店を持つことになるのなら、どんなお店にしたいか考えてみよう。 2016/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9891036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。