Japanese-English Bilingual Boo<br> 英語訳付き日本の神輿と祭りハンドブック―神輿の歴史・鑑賞知識から、各地のお祭り情報まで

個数:

Japanese-English Bilingual Boo
英語訳付き日本の神輿と祭りハンドブック―神輿の歴史・鑑賞知識から、各地のお祭り情報まで

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月15日 19時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416715482
  • NDC分類 386.1
  • Cコード C2072

出版社内容情報

日本の伝統文化である神輿の歴史と鑑賞知識、全国各地のお祭り情報を英語訳付きで解説。迫力ある写真満載でお土産にもぴったり。

日本の夏に欠かせない伝統文化であるお神輿とお祭りですが、その意匠や制作の舞台裏はあまり知られていない世界です。
本書は150年以上の伝統を誇る宮本卯之助商店の協力を得て、神輿の基礎知識から神輿づくりを支える伝統の技と道具まで、
詳しい解説、美しい写真とともに解説しています。

各部名称、意匠の読み解き方、担ぎ方など、お祭りですぐに役立てることのできる知識も豊富に掲載。
また、全国各地の代表的なお祭りも紹介しており、お祭りをさらに深く楽しむことができるようになります。

日本語と英語が併記されているので、神輿やお祭りについて知りたい日本人の方の入門書としてだけではなく、
海外の方に日本文化を紹介するための参考書としても、またコンパクトサイズなのでお土産としても手軽に活用していただけます。

【著者紹介】
宮本 卯之助:1941年、東京都浅草生まれ。1975年、神輿・太鼓の製造販売の家業を継ぎ、宮本卯之助商店第七代目店主となる。宮本卯之助商店は1861年(文久元年)創業。神輿・御宮・神社仏閣太鼓・祭礼山車太鼓・民俗芸能太鼓・能楽、長唄、雅楽器・祭礼具の製造販売、神輿・太鼓の修理、復元およびレンタルを業務とする。

内容説明

本書では、神輿各部の意匠、製作工程、歴史的な背景までを分かりやすく解説した。日本人が大切にしてきた伝統文化としての神輿を、日本人だけではなく、世界中の人たちがより深く理解できる一助になることを願うものである。

目次

第1章 神輿を飾る意匠を見る(神輿を形づくる各部分の名称;神輿の印象を決める屋根の代表的な形状 ほか)
第2章 神輿製作の職人技を知る(神輿は職人技の粋の結晶;木地部製作のための木工工具 ほか)
第3章 伝統の神輿を担ぐ(神輿の大きさと担ぐ人数;飾り紐の掛け方 ほか)
第4章 神輿と祭りの歴史を探る(日本の祭りの起源と人々の祈り;神輿の原型である神社の建築様式 ほか)
第5章 全国の祭りを旅する(青森ねぶた祭 青森県青森市;弘前ねぷたまつり 青森県弘前市 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

0
神輿の中に一つの宇宙がある。豊富な写真と英語訳を付記することで、国外にも情報発信することが可能となった。2015/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9736016
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。