和婚のヘッドドレス―生花でつくる花嫁の髪飾り

個数:

和婚のヘッドドレス―生花でつくる花嫁の髪飾り

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月24日 02時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 143p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784416713860
  • NDC分類 595
  • Cコード C0076

内容説明

花嫁には、自分が世界でいちばん美しい、という自信を持ってもらいたい。私にとっての美の最高基準は、エレガンス。TAKAYAさんの作品には、完璧と言っていいほどのエレガントな美がにじみ出ている。

目次

第1章 WEDDING HEAD DRESS(STYLE;BACK STYLE)
第2章 MAKING OF HEAD DRESS―ヘッドドレスの作り方(ヘッドドレスを作るための用具;ヘッドドレスを作るための資材;小物とのアレンジ;基本の準備;ヘッドドレスを考えるポイント;着物と花の合わせ方;ブーケとのコーディネート)
第3章 花結い師TAKAYA(私の手から生まれるすべての花が、「花結い」です。;WORKS;PROFILE;花色見本)

著者等紹介

花結い師TAKAYA[ハナユイシタカヤ]
2004年より京都を拠点に、人と花を結ぶ「花結い師」としての活動を開始。生花で独創的なヘッドドレスを制作し話題を呼ぶ。人に花と衣をまとい華に開花するパフォーマンス「花衣華(かいか)」を国内外で開催し、活動の場を広げる。2010年、YUMI KATSURA GRAND COLLECTIONにて花結いを行い、以降もコレクションを担当。イギリス最大手新聞であるデイリー・テレグラフ紙をはじめ、オランダの有名雑誌や新聞など、海外メディアからも注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

白無垢、色打掛等着物に合わせる生花の髪飾り“ヘッドドレス”。花結い師TAKAYAの独創的なヘッドドレスを1冊にまとめました。

神社など和の空間に限らず、チャペルのある結婚式場やゲストハウスなど洋のシーンでも、白無垢や色打掛、引き振袖など和装を採り入れる花嫁が増えています。着物を採り入れたウェディングは「和婚」という名で定着していますが、ほとんどの花嫁が着物だけでなくドレスを着用することから、日本髪ではなく洋髪に生花をあしらい、さらにブーケを採り入れるパターンが定番スタイルになりつつあります。そんな「和婚」用の生花の髪飾り“ヘッドドレス”の事例を豊富に紹介し1冊にまとめたのが本書です。生花を用いた独創的な“ヘッドドレス”で話題を呼んでいる、花結い師TAKAYAの作例を美しい写真で紹介、コンセプトやテクニック、過去の作品の数々についても詳しく解説します。

第1章:イメージグラビア(色打掛・アンティーク着物・白無垢・黒引き・振袖・ドレスなど衣装と花、モデルの競演)、第2章:ヘッドブーケ・スタイル(基本の材料&道具、準備とテクニックの基礎、ヘッドドレスの保水処理等について、10点のヘッドドレスとメイキング)、第3章:ヘッドブーケ・メイキング(ヘッドブーケを考えるポイント、着物と花の選び方、小物のアレンジ、和資材との組み合わせ、洋花を和風に、着物からドレスへのアレンジ)、第4章:花図鑑、花結い師TAKAYAプロフィール(過去の作品の数々)ほか

【著者紹介】
http://takaya-hanayuishi.jp 2004年より京都を拠点に、人と花を結ぶ「花結い師」としての活動を開始。生花で独創的なヘッドドレスを制作し話題を呼ぶ。人に花と衣をまとい華に開花するパフォーマンス「花衣華(かいか)」を国内外で開催し、活動の場を広げる。2010年、YUMI KATSURA GRAND COLLECTIONにて花結いを行い、以降もコレクションを担当。イギリス最大手新聞であるデイリー・テレグラフ紙をはじめ、オランダの有名雑誌や新聞など、海外メディアからも注目を集めている。企業やブランドとのコラボレーションによる作品制作の一方で、自ら制作する作品においては、人と花から受けるインスピレーションの表現や、即興による花結いを行い、見る人の感性を動かす「美」を追求している。