THE COFFEE BOOK―基礎知識から生産国情報、焙煎、レシピ、バリスタテクニックまで (新版)

個数:

THE COFFEE BOOK―基礎知識から生産国情報、焙煎、レシピ、バリスタテクニックまで (新版)

  • ウェブストアに49冊在庫がございます。(2024年07月25日 07時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 224p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784416620755
  • NDC分類 596.7
  • Cコード C2077

出版社内容情報

歴史、生産国の最新情報から焙煎、抽出、70のアレンジレシピまで掲載。
コーヒーに関する本格的な知識が身につくビジュアルブック。

スペシャルティコーヒーがすっかり定着した現在、日本国内でも世界中の豆が楽しめるようになりました。それに伴って、豆の選び方、焙煎による味の違い、そして様々なアレンジコーヒーのレシピなど、コーヒーの本格的な知識が幅広く求められています。

本書はそんな情報をわかりやすくまとめたコーヒー事典のような一冊。特に、「世界各地のコーヒー」の章では、生産国それぞれの事情や個性を地図とともに紹介しました。コーヒーを仕事で扱うプロから、家飲みにこだわる愛好家まで豆選びの際に役立ちます。
全ページ写真やイラストが豊富なのも魅力です。基本的なコーヒーの淹れ方やいくつかのラテアートは写真付きで手順を丁寧に紹介しています。コーヒー好きなら手元に置いておきたいビジュアルブックともいえるでしょう。

 著者は英国で活躍するSquare Mile Coffee Roastersのオーナー、アネット・モルドヴァ氏。日本語版監修は世界で最も多くの審査会に出席するカッパーと呼ばれ、世界中から高品質な豆を買い付けていることで定評のある丸山珈琲代表の丸山健太郎氏。

※本書は2015年9月に刊行した『COFFEE BOOK』を加筆修正したものです。特に「世界各地のコーヒー」の章は2021年現在の情報に更新されています。

■目次
イントロダクション 
カフェ文化/コーヒーが歩んできた歴史/コーヒーの種と品種/コーヒーの系図/生育と収穫/生産処理/カッピング/味わいの違いを楽しむ

コーヒーの扱い方と淹れ方 
品質の指標となる情報/選び方と保存方法/自家焙煎に挑戦/コーヒーミル/コーヒーQ&A/水質チェック/エスプレッソを淹れる/ミルクも大切/ラテアート/デカフェ(カフェインレスコーヒー)

世界各地のコーヒーたち
アフリカ/インドネシア、アジア、オセアニア/中南米/カリブ海および北米

抽出器具 
エスプレッソマシン/フレンチプレス/ペーパードリップ/ネルドリップ/エアロプレス/サイフォン/マキネッタ/水出しコーヒー/コーヒーメーカー/カフェ・フィン/イブリック/ナポリタン/カールスバーダー

レシピ 
定番レシピ/ブラックコーヒー(ホット)/ホワイトコーヒー(ホット)/ブラックコーヒー(アイス)/ホワイトコーヒー(アイス)/ミキサードリンク(アイス)/コーヒーカクテル(ホット)/コーヒーカクテル(アイス)

用語集 索引

*************************

内容説明

本書の特徴:(1)コーヒーの起源やその生産工程のほか、40のコーヒー生産国の概要も紹介しているので、世界各地で作られている、驚くほど多彩なコーヒー豆について知ることができます。(2)豆と豆の細かな味わいの違いを知るのに役立つ、フレーバーホイールも掲載。互いに補い合える相性のよい風味はどれか、確かめてみましょう。(3)さまざまな焙煎度合いや挽き加減、タンピングや淹れ方のコツ、必要な器具について詳しく学べます。(4)70の多彩なレシピをもとに、いつもと違う味に出会ってみましょう。アメリカーノなど昔からある定番レシピを試すもよし、アーモンド・イチジク・ラテやヘーゼルナッツ・フラッペといったレシピで冒険してみるのもよし。牛乳の代わりに使えるおすすめの代替ミルクもご紹介しています。

目次

イントロダクション(カフェ文化;コーヒーが歩んできた歴史 ほか)
コーヒーの扱い方と淹れ方(品質の指標となる情報;選び方と保存方法 ほか)
世界各地のコーヒーたち(アフリカ;インドネシア、アジア、オセアニア ほか)
抽出器具(エスプレッソマシン;フレンチプレス ほか)
レシピ(定番レシピ;ブラックコーヒー(ホット) ほか)

著者等紹介

モルドヴァ,アネット[モルドヴァ,アネット] [Moldvaer,Anette]
数々の賞を受賞しているイギリスはロンドンの焙煎会社、Square Mile Coffee Roastersの共同創業者であり、オーナー。Square Mileは、コーヒー豆の調達、購買、輸入、焙煎を行い、個人や法人向けに販売している。1999年に出身地のノルウェーでバリスタとして働き始め、以来、世界各地の生産者を訪問し、コーヒーを調達してきた経験の持ち主。これまでに、ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ、カップ・オブ・エクセレンス、グッド・フード・アワードなど、コーヒー業界の国際大会で審査員を務め、ヨーロッパ各国、アメリカ、ラテンアメリカ、アフリカでコーヒーのワークショップを開催。ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(2007年、2008年、2009年)の優勝者がエスプレッソに使った豆は、すべてモルドヴァ氏が焙煎。2007年ワールド・カップ・テイスターズ・チャンピオンシップ優勝

丸山健太郎[マルヤマケンタロウ]
1968年埼玉県生まれ、神奈川県育ち。株式会社丸山珈琲代表取締役。日本スペシャルティコーヒー協会元会長、COE(カップ・オブ・エクセレンス)国際審査員、ACE(Alliance for Coffee Excellence Inc.)名誉理事。1991年に軽井沢にて丸山珈琲創業。2001年からは、バイヤーとして生産地訪問を開始し、現在でも、年間150日は産地を訪れる。また、数々のコーヒー豆品評会・審査会における、国際的カッパーとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ななこ

4
何度目かのコーヒーマイブームが来て以前はただ飲めれば良いだったけど今回は豆から拘る様になったのでコーヒー豆の事を知りたくなりこちらを購入。コーヒーの道具、淹れ方やコーヒーレシピに重きを置いてる本が多い中こちらの本はもちろん上記もあるけどコーヒー豆の産地の解説と産地の中でもこう言った種類があると事細かに解説が載っているので次何を飲もうかとか楽しくなります。他のコーヒー本よりちょっと高価だったけど買って正解でした。2022/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18907216
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。