最新版 オーディオ用オペアンプICデバイスのすべて―ハイレゾ時代のオペアンプICを、内部構成、アプリケーション、実測データと試聴で解説

個数:
電子版価格 ¥3,520
  • 電書あり

最新版 オーディオ用オペアンプICデバイスのすべて―ハイレゾ時代のオペアンプICを、内部構成、アプリケーション、実測データと試聴で解説

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年06月23日 14時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416620298
  • NDC分類 549.34
  • Cコード C2055

出版社内容情報

ハイレゾデジタルオーディオ時代の機器設計に必須の知識を、オペアンプICの解説を通じて得ることのできる書籍
    
ハイレゾ時代のオーディオにあって、ディスクリート回路を凌駕する性能を持つオペアンプICは、今やオーディオ機器に欠かせない存在です。
それがオーディオ機器の音質を大きく左右するため、自作ファンやメーカーのエンジニアは、その電気的特徴、音質的傾向を探っています。

本書はオーディオ機器のアナログ増幅、フィルター、I/V変換回路などに多用されるオペアンプICの構造と動作原理、アプリケーション例、特性の実測、音質的傾向を記して、オーディオ機器製作のヒントとなる情報を満載したものです。
オペアンプICの技術内容を知ることで、アンプなどを自作・改造する方、メーカーのエンジニアにも役立つ技術情報を収録した書籍です。

内容はMJ誌に95回連載した「オーディオ用ICの特徴と応用例」を発展させたものに、実際に測定したデータと試聴の新コンテンツを加え、20種程度のオペアンプICを紹介します。
完全自作のオーディオファンはもちろんのこと、ヘッドフォンアンプやD/AコンバーターのオペアンプICを交換して音質変化を楽しむ方にも楽しんでいただける内容です。

■目次
第1章 オペアンプICデバイス解説
1-1 オペアンプICの概要と基本動作
1-2 オーディオ用オペアンプICのスペック
1-3 オペアンプICのオーディオでのアプリケーション
1-4 各社代表的オペアンプICの概要と特徴
第2章 各社オペアンプICの特性実測と音質評価

*************************************

目次

第1章 オペアンプICデバイス解説(オペアンプICの概要と基本動作;オーディオ用オペアンプICのスペック;オペアンプICのオーディオでのアプリケーション;各社の代表的オペアンプICの概要と特徴;ADIのオペアンプIC AD797 ほか)
第2章 各社オペアンプICの特性実測と音質評価(オペアンプICの特性測定概要;ゲイン周波数特性;THD+N特性;FFT特性;S/N特性 ほか)