子供の科学★ミライサイエンス<br> 宇宙の終わりってどうなるの?―超図解!宇宙のしくみと最新宇宙論がよくわかる

個数:

子供の科学★ミライサイエンス
宇宙の終わりってどうなるの?―超図解!宇宙のしくみと最新宇宙論がよくわかる

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2019年10月22日 01時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416619353
  • NDC分類 K443
  • Cコード C8044

内容説明

宇宙の誕生から未来までを知りたいチュータと、物知りミライネコが、地球や月が生まれたときの様子から、地球生命の歴史、太陽系の素顔、天の川銀河の秘密、ビッグバンから数千億年先の宇宙の未来までを、最新の研究に基づいて探っていくよ。

目次

1 地球の現在・過去・未来(太陽の周囲を回る小さな星 私たちが住む地球の素顔;地球はなぜ「水の惑星」なのか?地球の大気と海の関係 ほか)
2 太陽系の現在・過去・未来(太陽の表面の「黒いシミ」は何?太陽の素顔に迫る;もしも太陽が石油でできていたら?太陽が数千年で燃えつきない理由 ほか)
3 天の川銀河の現在・過去・未来(隣の恒星まで光の速さで4年以上!太陽系の「ご近所」の星たち;“もっと知りたい!”遠くの星までの距離はどうやって測る? ほか)
4 宇宙の現在・過去・未来(銀河の大集団・銀河団は銀河以外のものでできている?;銀河がすべて遠ざかることは何を意味している? ほか)

著者等紹介

佐藤勝彦[サトウカツヒコ]
日本学術振興会学術システム研究センター所長、日本学士院会員、東京大学名誉教授、明星大学理工学部客員教授。理学博士。京都大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。1981年「インフレーション理論」をアメリカのグースと独立に提唱(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現在の宇宙の姿と、誕生から未来までがすっきりわかる最新宇宙入門

今から138億年前、宇宙はビッグバンによって誕生しました。
現在、宇宙はどこまでわかっているのでしょうか。
この先、私たちが住む地球、太陽、そして宇宙はどうなっていくのでしょうか。

この本では現在の宇宙の姿、宇宙誕生から未来までを、イラストと写真でわかりやすく紹介しています。
案内役は、物知り「ミライネコ」と、何でも知りたがり「チュータ」の二人。

インフレーション理論、暗黒エネルギー、ブレーン宇宙論、マルチバースといった、
最新宇宙理論も丁寧に解説しています。

子供から大人まで最新の宇宙論に興味があるすべての人におすすめの一冊です。

■「子供の科学★ミライサイエンス」シリーズについて
1924年創刊の月刊誌『子供の科学』が、
未来を生きる子供たちにとって大切な科学を楽しく、わかりやすく紹介するシリーズです。