台湾行ったらこれ食べよう!―地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

台湾行ったらこれ食べよう!―地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年04月19日 03時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416615058
  • NDC分類 596.22
  • Cコード C0026

出版社内容情報

台湾の街角で出会える、現地の人が愛してやまない料理、飲み物から驚きの一品まで、地元どっぷりのおいしいごはんブック。

「魯肉飯」「麺線」などの日本人にもなじみの深いものはもちろん、
「四神湯」「下水湯」「油飯」など名前を見ただけでは想像もつかない(けれども美味!)料理や
見た目はイマイチでもとってもおいしい料理など、
何度も台湾旅行に訪れるリピーターや、台湾地元の人たちが本当に愛する料理を厳選してご紹介。

さらに「このスープを飲むときはテーブルの上にある酒を入れてアレンジする」、「このご飯を頼む場合はこのスープと組み合わせるのが定番!」など、現地の人が実際どうやって食べているかという食べ方のポイントも料理ごとに掲載。
街のいたるところに日常的にある料理がほとんどなので、この本を見れば街歩きがもっと楽しくなることうけあい。
飛び込みで食堂に入ってもうろたえることなく現地の人に交じって食事ができる料理とコツが満載です。

また、実際試してみたいけれどどうなんだろう……?というような料理やテンションアップ必至のエンタメめし、ドリンクスタンドでのオーダーのコツ、簡単中国語などなど、お役立ちプチ情報も。

読んで楽しい、使って頼もしい、どっぷりと台湾に浸かりたい!台湾LOVE!な人にぜひ読んでいただきたい一冊です!

【著者紹介】
台湾大好き編集部:台湾旅行マニア、台湾在住日本人、現地の台湾人にリサーチしてまとめました!

内容説明

もっと台湾が好きになる。もっともっと台湾の旅が楽しくなる。

目次

スープもの
ごはんもの
おかず
小腹にドン
麺もの
気になる夜市のアイツ

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件