電照栽培の基礎と実践―光の質・量・タイミングで植物をコントロール

個数:
電子版価格 ¥2,808
  • 電書あり

電照栽培の基礎と実践―光の質・量・タイミングで植物をコントロール

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2019年06月18日 05時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 239p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416614082
  • NDC分類 615
  • Cコード C2061

内容説明

よくわかる電照補光の教科書!“情報としての光”を活用する!植物と光の関係を徹底解説!

目次

序章 施設生産における人工光利用
1章 植物の成長・開花と光応答(植物の成長と光;光受容体 ほか)
2章 施設園芸作物の生産における光利用(キク電照用光源の現状;キクの暗期中断 ほか)
3章 人工光源(照明)の基礎と光源選定・導入のてびき(光とは;光の表し方 ほか)
4章 施設園芸作物の光質応答の事例(花き類の開花における光質応答;花き類の開花における赤色光と遠赤色光の混合照射の影響)

著者等紹介

久松完[ヒサマツタモツ]
農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所、花き研究領域(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

電照を用いた植物の生育・開花調節には光量・光質・照射のタイミングが重要です。本書は基礎とより効果的な電照栽培法を解説します。

農作物の生産性の向上が求められいている中で、光を利用した電照栽培が注目されています。
電照を用いた植物の生育・開花調節には、光量・光質・照射のタイミングが重要です。
今、植物と光の関わりは、LED光源の発達と分子遺伝学の進展によって飛躍的に研究が進んでいます。

本書では、研究によって明らかになった情報が、実際の電照栽培の現場でどのように活きるのか徹底解説。
特に光質が植物に及ぼす影響とその仕組みを、開花抑制ホルモン「アンチフロリゲン」など分子遺伝学の最新情報とともに解説。花きを中心に代表的な園芸作物は個別に取り上げました。
また、実際に研究成果がどのように電照栽培に取り入れられているのか、生育・開花のコントロールと病害虫防除の事例を紹介します。
LEDか蛍光灯か……悩ましい次世代の光源も、選び方・導入方法を手引きします。
電照栽培の初心者からベテランまで、また“情報としての光”や植物生理を学んでいる方にも必携の一冊です。

1章 植物の成長・開花と光応答 
 1.植物の成長と光/2.光受容体/3.開花と環境要因/4.光周性花成/5.電照方法と植物の応答/6.光による植物の病害虫抵抗性誘導
2章 施設園芸作物の生産における光利用 
 1.キク電照用光源の現状/2.キクの暗期中断電照/3.キクの再電照/4.トルコギキョウの光応答/5.シュッコンカスミソウの光応答/6.ストックの低温・ジベレリン・光応答/7.イチゴうどんこ病「タフナレイ」の事例/8.防蛾灯「イエロー/グリーンガード」の事例
3章 人工光源(照明)の基礎と光源選定・導入のてびき 
 1.光とは/2.光の表し方/3.電照用人工光源の種類と特徴/4.光源選定・導入のてびき(実践編)
4章 施設園芸作物の光質応答の事例
 1.花き類の開花における光質応答
 2.花き類の開花における赤色光と遠赤色光の混合照射の影響

【著者紹介】
農研機構 花き研究所 花き研究領域 主任研究員