マンガでわかる 愛と謀略の源氏物語―華麗なる平安恋物語の舞台裏

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

マンガでわかる 愛と謀略の源氏物語―華麗なる平安恋物語の舞台裏

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月18日 10時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416522844
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C0093

出版社内容情報

マンガだから初心者でも読みやすい! マンガなのにマニアックだから中・上級者も楽しめる!
初めての切り口で堪能する『源氏物語』

『源氏物語』=マルチな才能のイケメン光源氏の恋愛遍歴、というイメージを持つ人が多いと思います。
もちろん、それも正解ですが、実は結構政治的だったり、恋以外の要素が複雑に絡み合った重層的なストーリーでもあります。

本書では、ラブストーリーという観点だけでなく、政治的、文化的な側面にも等しくスポットを当てて、マンガ仕立てで源氏物語を紹介した1冊です。
また、ワンフレーズの原文から物語の背景を紹介したり、和歌に込められた意味など、コラム的な読み物も満載!
初めて『源氏物語』に触れる人、あらすじは知っているけれどもう少し深く知りたい人、ラブ要素だけでは飽き足らない人などなど、あらゆる人に楽しんでいただける、新しい『源氏物語』手引書です。

■目次
巻頭 光源氏の垣間見名場面8選

PART1 政治の駆け引きと権力闘争! 男たちの『源氏物語』
桐壺帝/光源氏 少年時代/光源氏 青春時代/光源氏 須磨流謫時代/光源氏 権力闘争時代/光源氏 波乱の晩年/頭中将/惟光/朱雀帝/冷泉帝/受領たち/夕顔と柏木/鬚黒大将/親王たち/薫

PART2 愛と嫉妬の裏に隠された本音 女たちの『源氏物語』
桐壺更衣/藤壺/弘徽殿女御/空蝉/夕顔/葵の上と六条御息所/朧月夜/明石の君/玉鬘/紫の上/女三の宮/大君/中の君/浮舟/女房たち/召人たち
女房たちとしての紫式部/全54帖がざっくりわかる『源氏物語』要約/【全54帖】主要登場人物の系図/【宇治十帖】主要登場人物の系図
*************************

目次

垣間見名場面8選
1 政治の駆け引きと権力闘争!男たちの『源氏物語』(桐壷帝;光源氏 少年時代;光源氏 青春時代;光源氏 須磨流謫時代;光源氏 権力闘争時代 ほか)
2 愛と嫉妬の裏に隠された本音―女たちの『源氏物語』(桐壷更衣;藤壷;弘徽殿女御;空蝉;夕顔 ほか)

著者等紹介

柴田純子[シバタジュンコ]
東京都町田市生まれ。法政大学文学部卒業。学習塾講師、塾経営を経て現在は日本語教師。時々イラストレーター

山本淳子[ヤマモトジュンコ]
1960年石川県生まれ。京都大学大学院博士課程修了。高等学校教諭の経験のあとに大学院に入り、金沢大学などの非常勤講師を経て京都先端科学大学教授。著書に、『源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり』(朝日選書/サントリー学芸賞)、『平安人の心で「源氏物語」を読む』(朝日選書/古代歴史文化賞)、『紫式部ひとり語り』(角川ソフィア文庫)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コニコ@共楽

20
『源氏物語』をより理解するために手に取ってみた。物語の縦軸には恋愛があり、横軸には朝廷で繰り広げられる権力争いがある。まさに物語の舞台裏を知るには、愛憎にまつわる、この権力闘争が重要。光君の須磨への左遷も、弘徽殿女御の恨みがあり、左大臣からの権力奪還が合ったりと面白い。また、この時代の神に仕える女性が斎院(紫野斎院)と斎宮(伊勢)と呼ばれ、未婚の皇女が務めるということもこの本で知った。「万年補欠な親王の憂うつ」という欄では、帝になれない兄弟のことが書かれ、ヘンリー王子の『SPARE』を思い出してしまった。2023/08/30

サクラ

3
学生時代に読んでいましたが、だいぶ忘れてました😅また、読み返してみたいです。2024/02/12

ゼロ投資大学

1
平安時代の光源氏の愛憎物語。源氏物語は光源氏の恋愛物語だけでなく、宮廷の権力闘争という一面も持っています。壮大な大河物語の中で、光源氏は愛する女性を見つけるための長い旅路を続けます。1000年の時を越えて読み継がれた古典名著を楽しみましょう。2023/09/01

たけとり

1
分かりやすくて面白かった。漫画の絵も可愛くて良い。2023/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20555783
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。