長生きする鳥の育てかた―愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

長生きする鳥の育てかた―愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2023年12月04日 08時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416521779
  • NDC分類 646.8
  • Cコード C0076

出版社内容情報

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。
飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ

飼い主さんの知識が豊富になり、臨床医療などもすすんでいる今、以前よりも飼い鳥が長生きするようになっています。
うちの子にも、少しでも長く健康に、そして幸せに長生きしてもらいたい――どの飼い主さんも、そう願っています。

愛鳥が健康で長生きするためには、若い時期の食事のさせ方や暮らし方、体重管理を中心とする健康管理が不可欠。
また、その鳥の生理やメンタルに合わせた飼育も欠かせません。

愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。
また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。

本書は、これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。
飼いはじめたときから、愛鳥のためにしてあげたいことを、やさしく解説する1冊です。

■目次
1章 鳥の一生を左右する、もっとも重要な時期を大切に!
2章 鳥の寿命を縮める要因、回避の方法
3章 鳥の心と体への理解が、鳥を護る力になる
4章 生き物は「食べ物」によってつくられる
5章 愛情とコミュニケーションが守る未来
6章 心豊かに長生きのできる暮らしへ ~バードライフ・プランニング

********************************

内容説明

幼鳥から青年期の暮らしかたが鍵!1日でも長く一緒にすごすために。

目次

1章 鳥の一生を左右する、もっとも重要な時期を大切に!
2章 鳥の寿命を縮める要因、回避の方法
3章 鳥の心と体への理解が、鳥を護る力になる
4章 生き物は「食べ物」によってつくられる
5章 愛情とコミュニケーションが守る未来
6章 心豊かに長生きのできる暮らしへ―バードライフ・プランニング

著者等紹介

細川博昭[ホソカワヒロアキ]
作家、サイエンスライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆。日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、生き物文化誌学会ほか所属

ものゆう[モノユウ]
イラストレーター、漫画家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yukision

53
人間の医学が日々進歩しているように、鳥の飼育法や病気に対する対処法も変化している。知っている内容も多かったものの、愛鳥の天寿を全うさせるために出来ることが分かりやすく書かれていて参考になった。人間に匹敵する豊かな心を持つ鳥だからこそ、真摯に向き合う大切さが良く分かった。2021/07/16

古本虫がさまよう

4
エサの選び方やらいろいろと専門家からの注意が綴られている。参考にはなるが…。一軒家で飼うと冬はちょっと寒くなるかも。マンションなんかだと冬でもそこそこ暖かいから湯たんぽでも置けば20度ぐらいは維持できそう。飼うのに小鳥でも「財力も不可欠」との指摘もある。病気になると10万円かかることもあるそうな? でも、犬ネコに比べれば、インコは一羽買っても一万円程度。エサも一カ月で一袋数百円程度。いままで飼っていたインコたちは死ぬ時は十年前後…の時。寿命と諦めて(?)病院に行くことはなかった。我が家のインコは7歳。2021/07/22

matumoty

3
「月刊こどもの本」で以前、中学生以上向けに紹介されていたので読んでみた。全然「こどもの本」ではなかった。ペットとしての鳥をお世話する(←「飼う」という言葉、あんまり好きじゃないんです)指南書。人間だっていろんな病気があるんだから、トリだってネコだってイヌだってサルだってなんだって老いや病気がいろいろあるわよね、と改めて考えた。2021/10/19

林檎

2
鳥のことをよく考えている方が書いた本です。 鳥目線で、ためになりました。2021/07/03

Go Extreme

2
鳥の一生を左右する、もっとも重要な時期を大切に:生まれてからの数週間重要 子育てする覚悟 人間が育てるメリット 複数飼い これからの生活を教え込む 鳥の寿命を縮める要因、回避の方法:死因 短命要因 肥満 温度管理 不安 判断の遅れ 訓練のリスク 鳥の心と体への理解が、鳥を護る力になる:呼吸と肺 内臓と水の循環・体温 鳥と人が似ている点・理由 生き物は食べ物によってつくられる:ペレット 適量 過食 愛情とコミュニケーションが守る未来:愛の重要性 心豊かに長生きのできる暮らしへ バードライフ・プランニング2021/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17455694
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。