老鳥との暮らしかた―穏やかで安心な環境づくりから、リハビリ、メンタルケアまで

個数:

老鳥との暮らしかた―穏やかで安心な環境づくりから、リハビリ、メンタルケアまで

  • ウェブストアに28冊在庫がございます。(2021年01月29日 00時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416520963
  • NDC分類 646
  • Cコード C0076

内容説明

『うちの鳥の老いじたく』実践編。愛鳥の豊かな老後のために、知っておいてほしいこと。

目次

1章 老鳥の体をあらためて知る―身体の機能が落ちるしくみ(鳥の体だって老化します;加齢により病気になりやすくもなる ほか)
2章 鳥の体、鳥の行動のどこを見る?―老化の対策は、まず気づくこと(老鳥の体調を「見る」とは?;老化や体の変化を確認する方法 ほか)
3章 鳥が求める暮らし、鳥に与える暮らし―適切な寄り添い、メンタルケアを(老鳥が飼い主に望むこと;老鳥への理解と、飼い主の義務 ほか)
4章 昔の暮らしを取り戻す―リハビリもその一助に(失われた力を取り戻すことは喜び;動物はリハビリの概念をもちません ほか)
5章 長生きさせる環境のつくりかた―必要なことをどう補完するか(目指す環境改善の方向性;より大事になる保温 ほか)

著者等紹介

細川博昭[ホソカワヒロアキ]
作家、サイエンスライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事を執筆。日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、生き物文化誌学会ほか所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

うちの子にも必ず訪れる老化。いつまでも快適で幸せに過ごしてもらうには、どうしたらいい?
―老鳥(ろうちょう)とのつきあい方、教えます!

『うちの鳥の老いじたく』につづく、老鳥ケアのさらに詳しい手引き書。
愛鳥にとって、老化は避けられないもの。老化が始まると、さまざまな病気にかかりやすくなったり、病気の進行が早まったりもします。
それでも、早めに飼い主がそのことにまず気づいてあげて、必要なときに的確に対応することで快適な老後を過ごさせることができます。
どんな老後になるかは、飼い主しだいなのです。

本書では、そのために飼い主ができることを、具体的にわかりやすくまとめました。
老化に気づくために知っておきたい、愛鳥の身体に起こることや見るべきサインなど基本的なことから、昔の暮らしを取り戻すためのリハビリの方法や、長生きしてもらうための保温や加湿、ケージ改造など愛鳥にしてあげられることを掘り下げます。
また、状態ごとの老鳥の心理を理解した適切なメンタルケアについても触れています。

文鳥などの小鳥から、大型インコやオウムまで、すべての鳥飼いさんに。

■目次
はじめに
1章 老鳥の体をあらためて知る~身体の機能が落ちるしくみ 
2章 鳥の体、鶏の行動のどこを見る?~老化の対策は、まず気づくこと 
3章 鳥が求める暮らし、鳥に与える暮らし~適切な寄り添い、メンタルケアを 
4章 昔の暮らしを取り戻す~リハビリもその一助に
5章 長生きさせる環境のつくりかた~必要なことをどう補完するか
あとがきにかえて
索引

***********************************