世界のスープ図鑑―独自の組み合わせが楽しいご当地レシピ317

個数:
電子版価格
¥2,420
  • 電書あり
  • 動画あり

世界のスープ図鑑―独自の組み合わせが楽しいご当地レシピ317

  • ウェブストアに42冊在庫がございます。(2024年07月18日 11時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 376p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416519530
  • NDC分類 596
  • Cコード C2077

出版社内容情報


※動画中の価格は2022年10月当時のものです。ご注意ください。

★日本人の知らないスープはまだこんなにあった! 133の国と地域で食べられる320の激うま&仰天スープを大紹介!

スープは、手軽に作れて野菜や肉など様々な食材を1品で摂れることから、「簡単」「おいしい」「体に良い」と三拍子そろった世界各国で食べられる人気の料理です。
日本でも、味噌汁やお吸い物、おしるこなど日本独自のスープがあるほか、現在では世界の様々なスープを楽しむことができるようになりました。

しかし、我々日本人が知っているスープは、世界で食されるスープのほんの一握りでしかありません。
世界には、日本人が知らない激うまスープがまだまだたくさんあるのです!

本書は、そんな世界各地で食されるさまざまなご当地スープを、レシピ付きで紹介する図鑑です。
思いもよらぬ食材を使ったスープ、その地域の伝統を色濃く反映したスープ、催事にふるまわれるスープなど、見ているだけでも楽しくなる唯一無二のスープ図鑑です。

内容説明

世界各地で食される様々なご当地スープを、レシピ付きで紹介する図鑑です。思いもよらぬ食材を使ったスープ、その地域の伝統を色濃く反映したスープ、催事にふるまわれるスープなど、見ているだけでも楽しくなる唯一無二のスープ図鑑です。

目次

西ヨーロッパ
南ヨーロッパ&地中海エリア
北ヨーロッパ
東ヨーロッパ
カリブ海諸島
ラテンアメリカ
北アメリカ
アフリカ
東アジア
中央&南アジア
東南アジア&オセアニア&ポリネシア
中近東

著者等紹介

佐藤政人[サトウマサヒト]
アメリカ・ボストン近郊在住の編集者。アウトドア関連の書籍、雑誌の編集者や著者として活躍するほか、プロフェッショナル・フライ・タイヤー(フライフィッシングの毛ばり製作者)として、アメリカでは認知されている。また、料理にも造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よこたん

51
“湯を沸かし、そこに肉なり野菜なりをぶち込めばスープができる。” 具材は似かよっていても、お国柄によって全然違うものができる不思議さと楽しさよ。海外の物語を読んでふんわりと憧れているものがある。野いちご、ヒースの花、甘草、はしばみ、サンザシ、ルバーブ…そしてイラクサ。青々としたイラクサのスープが、モンテネグロやスウェーデンに。日本にも近いものがあるようなので見てみたら、そこらへんに生え茂るちくちくした棘だらけのシソみたいな葉っぱの野草だった。衝撃。これは春を摘んだ味らしい。豆の入ったスープが多かった。2020/05/04

たまきら

31
サンドイッチ、BBQときてスープ!この著者のテーマがもう自分とあまりにもドンピシャで怖すぎる。なんかもう脳みその一部を共有しているような気分になりました。だいだいの登場回数が多くて笑ってしまうのは…じぶんがだいだい大好物だから!は~今回も満喫しました。読み終わるまでたっぷり二週間近くかかってしまいました♡2021/10/06

くさてる

18
西ヨーロッパから中近東、アジア、アフリカと様々な国のスープを371頁の厚さで紹介する、世界各国のスープ図鑑。この本におけるスープの定義は水分が多くてさらさらしていること。使われるのは、野菜、肉、魚、穀物。味も、甘かったり、辛かったり、すっぱかったり、とにかく様々で、食文化の紹介本として楽しく読みました。写真もきれいでレシピも添えられて、読み応えありました。2020/01/04

salvador

10
図鑑と言うだけのボリュームあり!世界各国の選抜されたスープを地域別に紹介。液体少なめの具沢山スープが多く、珍しい食材もたくさんあって興味深い。様々な豆や、羊肉や、ハーブにヨーグルトと、地域の特色が出ていた。あっさりより濃厚なものが多かった気がする。スープに出た栄養もすべて頂くのはどこも同じかな。見ていて楽しい図鑑。2021/03/16

chocolat

10
モロッコで食べたハリラが載っていたのと、写真が綺麗でどのスープもほんとに美味しそうなので購入。眺めるだけでも楽しい素敵な図鑑。ただ、何度も繰り返し開いていると分解しそうなので大事に開いている。この本に載っているスープを全部食べてみたい。出来れば、現地で食することが出来たら最高!2020/08/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14477813
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。